2012/5/8

つまりはなれていれかわり  らくがきの楽屋裏
昨日は本を読んだりしていました。
『マコトの王者』というちょっと特殊なボクシング漫画。
赤コーナー、青コーナーという二冊が別々に刊行され
その中で主人公とライバルを逆転させ同時進行するという面白い試みの漫画です。
「特殊な」というのはそのスタイルだけではなくて、
両者のドラマを描くのに人格入れ替わりというファンタジーな要素を取り込んでいるギミックでもあります。
方や熱くも未熟な精神に老いた体を押し付けられ、
方や冷たく成熟した精神が若い体を手に入れて、
そこからお互いを補完していくのが心地いい漫画です。

赤、青が各全3巻、決戦を描く4巻は赤&青で合冊。オススメです。



で、Web拍手を更新しました。
前回のカードっぽい絵からベッキー、C組、アリス、真希奈、ベホイミの計10枚が
ランダムで表示されるようになっています。


web拍手。バナーはそのまま。

そして今回は浮気特集。主にキルミーベイベーです。
原作はまだまだ続いていますし相変わらず面白い。
一気にベタベタ貼っていきます。


クリックすると元のサイズで表示します
まずはアニメ最速最終話の日に描いたもの。こちらは2週遅れのためこの時点ではまだ終わっていない時期でした。
普段の場所でもそうですが、原作とアニメの変化に軸をおいたネタってよくやる気がします。
この場合はアニメ化に際して赤くなったネクタイ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ジャージらくがき。1枚15分を目指して描きました。
描ける人は15分でもきっちり出来るからやっぱりすごいなあ。


プロトミーベイベー。
ファンブックにあった企画初期バージョンのキルミーキャラと
現行のキャラを並べてみよう!という絵。

クリックすると元のサイズで表示します
まずはソーニャ。初期だとやや愛嬌というか、ベタな萌えどころがあったようで。
腕っ節は強いけど押しに弱くのせられやすくて気が短い。そんな子が大好きみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
あぎり。初期は忍者設定が存在せず、代わりに毒を使っていたようです。
この前髪がすごいツボです。
血液型:毒ということらしいので顔色を意図的に悪くしています。
何を考えているかいまいちわからないトリックスターというのもやっぱりツボです。
強い子の傍らにいて欲しいキャラクター。

クリックすると元のサイズで表示します
やすな。企画初期では存在しなかったらしいです。第二案から出てきたとか。
やすなは回を増すことに頑丈になり、かつウザくなっていきます。
アニメでは声優さんの熱演もあり、さらに魅力アップしてました。
すっかりファンになってしまい、
モブで多数のキャラを担当しているスマイルプリキュアでこの声優さんを探すのが毎週の定番になっています。

クリックすると元のサイズで表示します
没キャラ。連載版で消えましたね。実はアニメ化後に描くのはこれが初めて。


アニメ11話より。銭湯に入るのを嫌がるソーニャが凄いツボったのです。
露骨に嫌だやめろバカ!とかではなくて、歯切れの悪い感じで嫌がっているのがまた。
というわけで、アニメで省略されているお風呂に入るまでの一幕ネタとか。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
後々完成させたいと思ってますが忘れそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
おつかれさまでした。最後はやややらしい感じの絵。


そんな感じのキルミーお絵かきでした。
浮気お絵かきで発散するエネルギーをもう少し本筋に生かせればなあ……
本筋、つまり同人では何か詰まってしまって困っています。
ブレイクスルーが何かありますように。神だより。


web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ