2013/4/22

みなぎる愛  らくがきの楽屋裏
4月も下旬。
今までと少し制作方針を変えたら
停滞していたものがちゃんと進みつつあります。
それでもちょっと雲行きが怪しくなって来ましたが。

で、雲行き怪しげではありますが今回はちょっと趣向を変えて。
ドキドキ!プリキュア絵を描いていたりしました。
もっともらしいいいわけは今回は無く、ぶっちゃけ衝動です。





ドキドキ!プリキュアの主人公、相田マナさん。12話よりいろいろ。
クリックすると元のサイズで表示します
本当になんでもこなせる超人みたいな人。苦手なものは歌ぐらい。
ここだけの話、ハイスペックなキャラにはある程度の苦手意識があります。
でもまあキャラの魅力ってのは見せ方次第でどうとでもなるんだなあって
相田マナを見ていると思うのでした。
クリックすると元のサイズで表示します
イヤミにならない感じで愛嬌もあってかわいいのが素敵だなーと。
クリックすると元のサイズで表示します
ドキドキ!プリキュアはそんなことを思い出させてくれるアニメでした。
あとは菱川六花が常時メガネをかけてくれたら素晴らしいと思います。



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ