2014/4/10

直・感・操・作  らくがきの楽屋裏
クリックすると元のサイズで表示します
そんなわけで先日導入した一世一代の超贅沢。液晶タブレットcintiq13HDのおはなし。
別にこれを使ってご飯を食べるわけでもない、
別の意味でご飯を食べるための道具、つまりお盆になってしまいかねない。
そんなアレですが、なんとなく衝動が爆発したので買ってしまったのでした。
ちなみに増税後のお話。いつも踏ん切りをつけるのがやや遅いのです。



先の記事でもちょっと言ってますが、直感操作を侮ってました。
アナログ書きなんてせいぜいイベントのスケブを稀に頼まれた時ぐらいなもの。
この世界に生まれ落ちた時からのデジタル世代であり、
正直、直接描けたからなんなの?ぐらいな感覚でした。
実際去年お絵かきに堪えるタブレットPC「Latitude10」を導入した際も、いまいちその恩恵を理解出来なかったわけですが…
…やっぱりガチなのは違うなあ!って思います。
ペンの滑り(ハードフェルト芯に交換していますが)からポインタのズレのなさまでしっかりしてて感動します。みんなが夢中になるわけです。
欠点は当然「手」。切り落とすわけにもいかないのでここは上手く付き合っていきたいですね。
あとはスタンドを交換するなりして縦置き出来るようにしたらさらに便利かもと思うのでした。

というわけで液タブ導入からのお絵かき。第一号は前の記事のJKVS絵です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
……あんまり変わりませんね。当たり前か。

お絵かきする際に近年気になっていた手の痛みも(完全ではないものの)緩和出来るので
キモチの敷居も少し下がったような気がします。
とりあえず掛かったお金分以上は遊びます。



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ