2014/4/17

怪異と踊れ!  らくがきの楽屋裏
今日のおえかきは真希奈。液タブにもだいぶ慣れてきました。
クリックすると元のサイズで表示します

……で、すっかり置きっぱなしだったCPN43話の感想なのです。



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。




クリックすると元のサイズで表示します
43話は2年1組に転入してきた新キャラ、御影凛と上原蓮、宮本武蔵、山田タイ子の飼育委員チーム、あと八神のお話。
凛って確かちょっと前で居たような気がしますので、御影凛は以下御影表記です。

御影が何者か?は隠すまでも無くサブタイトルでいきなりバラされていました。まあ見たままですしね。
それは怪異のひとつ。彼女と対峙する上原・八神コンビ。
この二人もいつの間にかいい感じに機能するようになっていました。

最初は彼女、次はこの御影、
彼らが街のよくわからないものシリーズにどんどん触れていくなんて流れになっていくのかなと思ったりするのです。それもいいなーと。
こんなかんじでこれからの真希奈・アリスコンビの流れと分割して進み、
どこかでくっつく時があったりしたら素敵だなあと。


2年1組なので新堂も登場、相変わらず出番の割にアクの強い子っぷりを発揮していました。
そしてまた説明の無い欄外のキャラ紹介枠。

気になったのは蓮が山田に話を振ったところです。
何か気になるところがあった上でなのか、
他の二人がボンクラだからというだけなのか?
1巻でちょっとだけ示唆されてから置きっぱなしの山田のことも少しずつ進んでいるのかもしれませんね。あと対飼育委員+八神の山田が好きです。



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。


そんな感じ!引っ張った割になんか淡白!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ