2008/5/23

広がる世界と武器の多いことのしあわせ。  らくがきの楽屋裏
BB戦士三国伝の新作、夏候淵ダラスを買いましたとさ。
夏候惇ギロスでも驚きの展開なのに、ダラスまで発売。
そしてその後にはケンプファーやディジェ、ドーベンウルフにゲルググモチーフのキャラもキット化予定に組み込まれているといいます。

ガンダムプラモシリーズどこ漁ってもこんな布陣は他に見ない!レベルの攻勢。
厳密に「敵」ではないのと、三国志モチーフならではのモチーフ人気。
そんな要素がこの奇跡的なラインナップを可能にしてるんだろーなーとか思います。
やっぱり武器の数は多いほうがいい。
予定調和も好きだけど、変化球やいろんな攻め手で、何をしてくるかわからない。
そう思わせるのもまたいいことです。
そしてそう思わせてくれるものに心惹かれるわけです。憧れもします。

俺も、語る言葉を増やしたい。この場合は表現手法かな。
何をしてくるかわからない人になりたいなー。

まとめたところでこの夏候淵ダラス。
曹操ガンダム、夏候惇ギロスと並べるととても格好いいです。
そこはかとないまがまがしさがとても良い。
説明書漫画やボンボン、ケロケロAで連載されている漫画ではとても男らしくてまたそれも良い。
組換で全六種の形態が取れる武器も、
本体が大きくなった故かあまり武装にまわせないパーツで旧BB戦士のようなプレイバリューを復活させようとしている心意気が見られます。
いろいろ忙しいのにグリグリいじってしまうよ。

たすけて。

クリックすると元のサイズで表示します
今日のらくがき。いきぬき。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ