2011/11/4  11:33

敬老会第2弾  

平山郁夫美術館を鑑賞した後、今日の観光最終目的地の潮聲山「耕三寺」へ参拝
耕三寺、開山は耕三寺三和上で、山号を潮聲山といい、浄土真宗本願寺派の寺院です。
大阪で大口径特殊鋼管の製造会社を営んでいた和上ですが、母親の死後その報恩の念が生前のも増して深まり、之を全うすべく僧籍の道に入り、戦前より30有余年の歳月を経て造営しました。

クリックすると元のサイズで表示します

                耕三寺山門

クリックすると元のサイズで表示します


             僧宝蔵「五重塔より左」

クリックすると元のサイズで表示します



       五重塔「母親の死後此の塔の中に葬られている」



クリックすると元のサイズで表示します


        孝養門「此処を回ると本堂がある」

クリックすると元のサイズで表示します

 本堂「前に見える大理石の広場は約50畳はあろうかと思う奉納儀式の際に使用される

クリックすると元のサイズで表示します


此の本殿より右側に千仏洞があり、中は死後の世界が表現され、小さな仏像が無数にある、
洞窟は本殿の下を通り、本殿の左側に抜けている。ここから正面の山門から左側に「潮聲閣」耕三の母堂の館がある。

クリックすると元のサイズで表示します


          母堂が住んでいた「潮聲閣」

後は、耕三寺博物館が芸術活動の一環として取り組んでいる「未来心の丘」を見学
広さ5000uにも及ぶ白い大理石の庭園である。
此処に使用されている大理石は、イタリア・カッラ―ラで採掘した物をコンテナ船で、運んできたもの、丘にそびえ立つ大小様々な形をしたモニュメントや広場、道等、周囲の景色の形や色、風雨、光りといったあらゆる自然との調和を考え創造して制作されています。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

  これらは全部「大理石」で作られています。
帰宅は夕方6時に我が家に到着した。

クリックすると元のサイズで表示します


今日のバス会社は「ナカウン観光バス旅行センター」運転者・藤原さん 添乗員 児玉さんでした。又偶然にも運転者の藤原さんは同じ学区内の人である。
0



2011/11/5  20:08

投稿者:i6bworld

児玉さんへ
早速の訪問有難うございます。
前日は楽しい一日でした。又来年の旅行もお願いすると思いますので、その時も是非お会いしたいものです、楽しみにしています。

2011/11/5  19:52

投稿者:kodama★

HPのぞきにきました〜♪
先日は、ありがとうございました★
添乗員のコダマです!
絵を見て驚きました!母と一緒に「白黒の写真みたい!」と声をあげてしまいました^^
素晴らしいです!!!
また、何かの機会にお会いできるとうれしいです♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ