2012/7/13  15:14

映画鑑賞  

高島公民館で「たかしまシネマ」が月1回開催されている。

今日は午後13時〜15時の予定で、シネマは「荒野の決闘」である。

此の「荒野の決闘」は、1946年・アメリカ映画のモノクロ映画で、監督は「ジョン・フォ―ド」

「駅馬車」「怒りの葡萄」のジョン・フォードの復員第二作目 ステュアート・N・レイクの著作に基く、サム・ヘルマンのストーリーから、この映画の製作者「サミュエル・G・エンジェルが、ウインストン・ミラーと協力して脚本を書いたものです。

主演は「ヘンリー・フォンダ」「リンダ・ダーネル」「ヴィクター・マチュア」が出ている。

あらすじは、牛を追ってカリフォルニアに向かう、ワイアット・アープ兄弟は、途中立ち寄ったトゥームストーンの町へ夜出かけたが、その隙に、クラントン一味に弟のジェームズを殺され、牛を奪われてしまう。

一度は保安官を辞めたワイアット・アープだが、弟の復讐の為に再び保安官となって、肺病やみでアル中だが腕の立つ賭博師又医者のドク・ホリディの助けを借りてクラントン一味に挑む。

そんな時、東部から美しい女性クレメンタインが、ドクを探して訪ねて来るが、ア―プの心は揺れ動くのである。

結果は、クラントン一味の居るO・K牧場での戦いでクラントン一味に勝ち、弟の仇を討つ

アープはその後、保安官を辞め、牛追いに、クレメンタインはスト―ンに残り、学校の先生となる。

西部劇の巨匠ジョン・フォード監督が、実在の名保安官ワイアット・アープを主人公に、また彼の逸話の中でも特に有名なO・K牧場での戦いを詩情豊かに描いたウエスタン活劇としてでなく、ラブロマンスとしても楽しめる傑作西部劇の映画である。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ