2012/8/7  9:21

健康と管理  

暦の上では今日から秋{立春}ながらこの暑さ、残暑お見舞い申し上げます。

毎日猛暑日が続き、一日に500人以上の方が熱中症になっています。熱中症は、急速に症状が進行し重症化する事もありますので、皆さん気をつけましょう。

高齢者は、年を重ねるにつれ、皮膚の温度感受性は鈍く成り、暑さを自覚しにくくなりますので、行動性の体温調整{衣服の調節や冷房の利用}し、

自立神経の働きによる体温調節が遅れ体内に熱がこもり、熱中症にかかります、目につく所に温度計なども用意したいもの、

汗には体温調節をおこなう大切な役割があります。喉が、渇いたと感じる前に、こまめに水分の補給を摂りたい。

日頃暑さに対応出来る体力をつける事が大事なことで、日頃からウオーキングとか運動等で汗をかく習慣をつけている人等は、体が夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくいといわれます。

先ずは汗を掻いて水分補給です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ