2013/3/9  11:48

高島シネマ  

昨日高島公民館で午後13時より「たかしまシネマ」で、1947年・アメリカ映画が上映「紳士協定」されたのだが、都合で行けず。友達が此の映画はDVDを持っているので拝借し見る。
出演「グレゴリーペック」[フィル役}
   「ドロシー・マグワイア」{キャシー役}
   「ジョン・ガ―フィルド」{デヴィット役}
   「セレステ・ホルム」{アン役}
   「アルバート・デカー」{ミニフィ役}


「あらすじ」
カリフォルニアの人気ライター、フィルは妻に先立たれ、幼い息子トミーと老いた母と3人で暮らしていた、そんなある日、彼は週刊誌の編集長ミニフィに招かれニューヨークへ渡る事になる。

そこで彼に依頼された仕事は、反ユダヤ主義についての記事だった。この企画を発案したのは編集長の娘キャシーであった。

フィルは彼女に惹かれていく一方、自らユダヤ人と偽って取材を始める。そしてある時、社内でユダヤ人だと名乗るフィル。その噂は直ぐに広まり、差別は一層激しくなる。

フィルの秘書も実はユダヤ人だが、それが知れると雇ってもらえなかったとフィルに告白する。

ユダヤ人だからと罵られたり、キャシーとのハネムーン先に予定していた高級ホテルもユダヤ人であることを理由にキャンセルされる。

そして、このことがこじれ、フィルとキャシーの間にも溝が出来ていった。そしてフィルの記事が発表される日が近ずき、発表されると凄い反響であった。

フィルは此の8週間ユダヤ人として記事を書く為に偽っていたが、アメリカ人であることが分かり、彼女[キャシー}と、溝が出来ていたのも解け、目出度く結婚となる。

クリックすると元のサイズで表示します

      「借りた「紳士協定」のDVD」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ