2015/2/16  15:23

牡蠣  

今日は、岡山県邑久の虫明の牡蠣業者へ、牡蠣を買いに出向く、いつもの事で、何回も牡蠣の話が出るが、申し訳ない

昨年12月に買いに行ったが、業者に言わせると、例年になく牡蠣が小さい、

どうも邑久・日生地区は発育が不順で牡蠣の身が大きくない様だ。広島あたりは例年どうりと言う事だそうだが、岡山県の瀬戸内側だけが不作のようである、10月11月頃に天候の加減で海水の温度が高かったのが影響している様です。

今日も1斗缶を買い求めたが、やはり例年どうりでは無く、身は小さめである。今夜の夕食時は、牡蠣の蒸し焼きで1杯とする。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

0



2015/2/17  12:32

投稿者:i6bwored

はるすみさんへ
はるすみさんには、誠に申し訳ないですが、牡蠣の蒸し焼き美味ですよ、最近は焼酎に凝って1杯です「笑」

私も以前は牡蠣と言えば、むき身のナイロン袋入りがス―パーで売っていますが、牡蠣独特の匂いが嫌で食べていなかったのですが、

以前家内がパートで友人の炉端焼き店の手伝いをしていた頃、牡蠣の蒸し焼きを販売していたのを、ときどきつまみ食いをしていたようで、

味をしめていたので、食べたい、食べたいと言うので、牡蠣業者を探し買いに行ってのが病みつき、

それ以来私も食べる様になりました。今は12月〜3月頃まで月一回のペースで買いに行っています。

2015/2/17  11:10

投稿者:はるすみ

小さくても牡蠣は牡蠣。東京者から見れば大変なぜいたく品。東京では『生食用」と書かれたスーパーの牡蠣でも火を通さないといけません。
蒸し焼きに一杯〜はやはり日本酒でしょうね。飲めない私でも牡蠣の前では一杯やりたくなると思います。(^^)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ