2015/3/8  13:58

健康と食材  

最近テレビでも「ゴマ」の健康効果が紹介されています。
我が家では今年に入ってから、食事の度にゴマを食べる様にしています。以前はジュ―サ―で、ニンジンとリンゴをジュースにして飲んでいましたが、リンゴが高いので、最近ではご無沙汰です。

「ゴマ」には、黒ゴマ、白ゴマ・金ゴマ等、色々な種類が有りますが、「ゴマ」に含まれる「ゴマリグナン」には活性酸素を撃退するあると、テレビで放送され人気が出てきました。

「ゴマ」は、「小さな巨人」とか「驚異のゴマパワー」とか言われ、「ゴマ」の栄養・健康効果[効能}等を調べて見ると、

「老化の原因は肝機能の低下」等、最近の研究で、「アンチェィジング」つまり[若返り}にも効果が有ると判ってきました。

確かに、脂肪の多い食事やカロリーの摂りすぎで必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまったり、またコレステロールの摂りすぎで、コレステロールのバランスが崩れて「血中コレステロール」値が高くなったしまい、高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引き起こしている方が増えています。

そこで「ゴマ」の「ゴマリグナン」に最も多く含まれる[セサミン」
セサミンは「セサミンEX」としても市販されています。

そこで「ゴマ」の健康効果を感じる摂取量は一日に大さじで、1〜2杯[100〜200]を摂ればいい様です。

我が家では市販の粉末状の物を買ってきて、ふりかけのように御飯にかけたり、ホーレン草とか酢の物にかけていますが。

御飯にかけて食べている、普通の振りかけなどと同じで要領ですが、「ゴマ」の場合甘味が有結構いけます。


クリックすると元のサイズで表示します

 左のすりごまが毎回食事の度にかけている「すりごま」です。

ゴマを食す時に注意したいことは、「ゴマ」は殻が固く消化・吸収されにくいので、すりゴマにして食べると効果的てすね。
クリックすると元のサイズで表示します

ミニ・ミキサーにかけ、すりゴマにしています。

クリックすると元のサイズで表示します

黒ゴマと白ゴマをミックスしてふりかけにしています。

最後に「ゴマ」の健康効果は、
老化の原因・肝臓・美肌効果・ダイエット・コレステロール等です。
0



2015/3/9  15:35

投稿者:i6bwored

はるすみさんへ
ゴマは白と黒をミキサーにかけたもので、塩は一切使いません、ゴマの甘味だけです。
赤飯などには、食塩入りのゴマを使いますが、なるべく塩は控えめにしています。それ以外にはすり身のゴマだけです。例えばおしたしとか、

最近は毎回の御飯にかけるのと、日のおかずによっては、おかずにもゴマをかけています。「笑」

2015/3/9  12:30

投稿者:はるすみ

ゴマって凄い力があるのですね。
お赤飯が大好きなのですが、ゴマはお赤飯の時にしか食べていないかも〜です。ごま塩ですが。
いりゴマを振り掛けるとき、塩味にするのですか?
そういえばゴマのおはぎも好きです!!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ