2016/5/20  16:12

墓地移動  

和気町の先祖の墓地、私の祖父にあたる人が、現在の墓地の石垣を積み造成したものだが,この石垣の中心部が10p程ずれたので、5〜6年目に数百万円を掛けて、護岸ブロックを積み補修した。

この補修をする前に、個人墓、また夫婦墓等は異状はなかったが、私が建てた先祖墓は、土台となる基礎部分が甘かったのか、今度で3度目の傾き{前部分約3p」修理をするたびに何十万と言う費用が掛かるので、思いきっつて移転をする事にした。

新規の墓地[岡山市山陽町}となると又墓地代と移転費用、それに供養塔等を加算すると合計三百万円以上の出費である。

自宅からは和気までの時間は40分位自動車で掛かっつていたが、今度は10〜15分と近く成る、将来子供達の墓参をするにも近くなるので、参拝もして頂けると思う。

5月20日に住職にお願いして抜魂をし、5月28日に墓地が完成し6月1日に入魂をして頂くようお願いした。
クリックすると元のサイズで表示します

 護岸ブロック、横9m・縦4m・面積約5坪
クリックすると元のサイズで表示します

 住職による抜魂「下の墓地」
クリックすると元のサイズで表示します

         「上の墓地」
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 抜魂後、更布でハチマキをし抜魂したと言う印となる。
先祖墓も没年表が天保・安政・嘉永・安政・天明・文化・明治。大正。昭和・平成と時代もあり年代も何時頃からか判る。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ