2016/8/24  15:30

音楽「ギター」2弾  

オ―デションに合格した私は、当時会社で経理を担当していたが、この会社の社長にアルバイトの件を相談したところ、会社に迷惑を掛けないのであれば、プライベートの時間は勧奨すると言われバイトをする事にした。

当時岡山駅前に有った「アルバイト。サロン・ニュー山陽」へ、この店はバンドマンとしての登竜門で一度は、当時この店に籍を置かなくてはいけないのである。でギター奏者として、1955年の1月からメンバーに加わる。メンバーは私を入れて6人、演奏時間は午後7時30分〜11時30分で、演奏時間30分を4回のステージである。

此の店はオ―ナ―が韓国人で、何故か「軍歌とか三波春夫」が好きで、「雪の渡り鳥」「大利根月夜」「チャンチキおけさ」等は良く弾かされたものである。

ホステスも40〜50人位いて毎晩繁盛していた。当時私は郷里の和気から通勤していたので、12時に演奏が終わっても汽車が無く、岡山駅午前1時5分発の快速汽車「当時は蒸気機関車でまだ電化されていなかった」に乗り帰路についていたが、ときどき下車する和気駅を乗り過ごし、

次は上郡停車、下りの汽車に乗るには姫路までいかないと始発の汽車「6時半」が無く、よく姫路まで行った。この汽車に乗ると和気を7時30分着で、毎日通勤している汽車となる。

当時初見は弾けても、ジャズのリブが出来なかったので、リクエストの演歌・ラテン・タンゴ等を弾いていた。

リブを覚えるのにコード・フレーズとギター奏者の「ケニ―バレル」「グランド・グリン」
「ウエス・モンゴメリー」「ジム・ホール」「バニー・ケッセル」等のレコードを聴きリブを学習し一応演奏が出来るようになった。

バンド仲間からは君のギター良く唄うねと言われ、さらに磨き掛けに努力した、そのお陰で当時ラジオの仕事とかテレビでの演奏がまわって来た。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

当時使用していた「ピック・ギター」今では弾く事も無く箪笥の肥やし状態である。

その後はまた次の機会に、
0



2016/9/6  7:54

投稿者:i6bworld

はるすみさんへ
当時は高度成長時代で、日本国中沸いていましたね。
今では懐かしい時代、今後このような時代が来ますかね。


http://www12.oninet.ne.jp/i6bworld/

2016/9/5  10:12

投稿者:はるすみ

いや〜当時のお話し、実に面白いですね。

日活映画を思わせます。

http://cute.ap.teacup.com/harusumirenokai/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ