2007/12/27  9:49

健康と食材  

昔、日本人は魚の摂取量が多かったが近年は余り魚を食しないと云われている、

そこで魚を食べる健康法として、蛋白質やミネラル、DHA,EPA,等、魚には私達の美容や健康に欠かせない成分がタップリ、勿論。旬の時期が美味しく食べる事が素材の味を生かした栄養満点だが、

今時期の「秋刀魚」=さんまは8月〜11月が旬、身が固く、ハリもあリ、腹の部分が垂れてなく、尾の付け根と口先の黄色い物が油が乗って美味しい。

「秋刀魚」は時期により脂肪の含有量に大きく差があるが、三陸沖で捕れる9月〜10月のものは最高、脂肪は不飽和脂肪酸と呼ばれる栄養成分だ、

脳細胞を活性化する、DHA等が豊富、また、貧血予防にも効果が有るとされ、ビタミンB12.日本人に不足しがちな「カルシウム」「カルシウム」を吸収を助ける「ビタミンD]も豊富、「カルシウム」の摂取率を高めるにはやはり、骨まで食したいもの。イワシと同じく。
最近は冷凍物も沢山出回っている。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ