2008/1/5  14:54

健康と食材  

我が家の定番である魚。「鰯」「秋刀魚」「鯖」今日は「鯖」について。

秋鯖は10月〜12月で春鯖は1月〜3月が旬である。魚釣りを始めてから瀬戸内で釣れる魚種を研究して入るが、残念ながら未だに「秋刀魚」は釣れた事がない。

「鯖」を選ぶ時は、目が澄んでいて、おなかは銀色、なおかつ皮にハリのあるものを、臭みが気になる場合は揚げ物や、ソテーにすると良いし、香りの強い香辛料を使いたい。

「鯖」は「鯖の生き腐れ」と言われる様に、「鯖」は鮮度が落ちやすい魚なので、手早く下処理をする事、
「これは身に水分が多く、分解酵素が自己消化を起こしやすい性質がある為」

スーパー等で販売しているものは、鮮度が悪いので、生ものは、煮付け、塩鯖は焼き物にする事、

属に川魚の「ハヤ」を釣る時に餌として使う、「餌」は「鯖」の頭をハエの発生する時期に外に出しておくと「ハエ」が卵を産みつけ1週間もすると、「餌」となる「鯖虫」が出来る。  前項に書いた腐れやすい性質を利用したもの。

だが、「栄養は」青魚の中でも、「EPA」「DHA」等、不飽和脂肪酸の含有率が高い、
生活習慣病の改善に、もってこいなのだ、身を背、尾に近い身の中には、肌を健康な状態に導く「ビタミンB2」がタップリあり、骨も強化する「ビタミンD」老化防止の「ビタミンE]もしっかり摂取出来る。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ