2008/1/22  14:09

音楽「コピー」  


クリックすると元のサイズで表示します






この曲は「吾亦紅」=われもこう、杉本真人作曲

我がギター教室の生徒さんでMさん、カラオケ教室にも行かれており、この曲をコピーしてと頼まれる、ギター演奏なので、教室でもしたいらしい。

一通り聞いてみると詞のニアンスにより、一番と二番でメロデーの違う部分がある、一番は楽譜があるが、前奏、間奏、コーダー部分、と曲のバックのコードの分散をコピーしなくてはならない、

今朝から暇を見つけて、ギター片手に、カセットテープを回し、前奏の部分はコピーする。

カラオケ用テープなので音の聞き取りにくい部分があるがその部分はコード分散でするしかない、拙の編曲となるが我慢して欲しい。2〜3日は掛かりそうだ。




0



2008/1/26  8:16

投稿者:i6bworld

こんちゃんへ
返事が遅れ、申し訳ない。
メロとバックのコピー二日掛かりました。譜面は、25日のブログに載せてます、

http://www12.oninet.ne.jp/i6bworld/index.html

2008/1/25  10:06

投稿者:こんちゃん

頼む人は 頼まれた人の苦労は知りませんからね〜
カセットから 音を拾っての楽譜作りですか! 大変ですね。

MDカセットは 録音 再生 編集も簡単かと思いますよ。panasonicのを 三味線をなり始めて買いましたが 重宝しています。

http://blog.livedoor.jp/asitamohare

2008/1/23  22:44

投稿者:i6bworld

こんちゃんへ
私は「至誠一貫」「終始一貫」と言う事が好きですね、結果はどうあれ努力する事ではないでしょうか、頑張って下さいね。

http://www12.oninet.ne.jp/i6bworld/index.html

2008/1/23  22:27

投稿者:こんちゃん

一日の練習が6〜7時間ですか!!
素晴らしい集中力ですね!! そりゃ〜プロになれますね。
だから 6Bの世界も理解できます。何事にもとことん!!なんですね。

初見で伴奏されるとは 素晴らしい!!かなりご苦労されたことでしょうね。
テイクファイブ・・・ステキですよね。大好きです。
私も 頑張って練習に励むことにしますね・・ いい刺激を受けました。
ありがとうございます

http://blog.livedoor.jp/asitamohare

2008/1/23  13:25

投稿者:i6bworld

こんちゃんへ
私は19歳からギターを独学で始め一日6〜7時間練習しました、一年後に当時キャバレーが全盛期頃にバンドのオーデションを受け、「ブログにも書きましたが」、専属で入る事が出来
昼は会社「経理課」夜はアルバイト。流行歌手の東海林太郎〜美川憲一、森進一、八代亜紀とかアダジオ迄、毎日が初見の楽譜ばかりでしたが、お蔭さまで楽譜があれば大抵の曲は弾ける様になりました。途中から気のあった連中とカルテットで「ギター、ピアノ、ベース、ドラム」ショーのない時間はモダンジャズばかり、
take,five]四分の五拍子「blue,monk]とか、
毎日睡眠時間が4〜6時間でしたが、夜になると、目がぎらぎらでしたね、当時を思い出すと楽しさと、一日が充実してましたね。今はよぼよぼです「笑」


http://www12.oninet.ne.jp/i6bworld/index.html

2008/1/23  12:12

投稿者:こんちゃん

ステキな環境の中で過ごされたのですね・・・
それが今の基礎なのでしょう。
私も 一三絃は 20才代に7〜8年習いましたが、先生の体調不良でやめてそのままです・・・
バイオリンも10年程・・・
今度は ずっと続けようと思ってマス。
頑張ります!!^^

http://blog.livedoor.jp/asitamohare

2008/1/22  23:12

投稿者:i6bworld

こんちゃんへ
私は歌えません原調は「Em」で高音は「G]ソの音です。とてもじゃないけど、私は低音なので3〜4度は下げないと、これではこの曲の意味がないでしょうね。
こんちゃんの津軽三味線を是非聞きたいものですね。三味線と琴は子供の頃良く母、姉2人に聞かされました.「筝曲ですがね」
楽器を弾いてると夢中になり、楽しいですね。

http://www12.oninet.ne.jp/i6bworld/index.html

2008/1/22  22:50

投稿者:こんちゃん

お〜 今 マイブ−ム(一度聞いて 感動しました)の 曲です。
「吾亦紅」・・・
是非 ギタ−でも聴いてみたいですね〜
哀愁があって ステキだと思います。

http://blog.livedoor.jp/asitamohare

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ