2020/9/19  8:55

彼岸と命日  

今日は彼岸の入りと妻の月命日が重なり、午前10時半に我が家に迎えに来る、長女の一家と墓参に行く。

お彼岸とは、太陽が真東から上がって真西に沈み昼と夜の長さが同じになって春分の日と秋分の日を挟んだ前後の3日間の計7日間を「彼岸」と呼ぶ、この期間に仏様の供養をすることで、極楽浄土へ行く事も出来ると考えられているそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

我が家の先祖墓、供養の時は何時もシキビを持参して先祖の供養を、また仏様へ供える花は菊
・百合などの花より、一番喜ばれる「シキビ」がいいそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

 長女がお供えしてくれた、「柿と梨」
クリックすると元のサイズで表示します

供えと私のおやつとして頂いたもので、当分はおやつも買わなくて済みそうです「w」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ