2022/1/25  14:31

健康と睡眠  

色々な著書を読んで「睡眠の質を左右する寝相の秘密」

先ず体に負担がかからない「仰向け」が理想的である。
寝ているときの「寝相」は、人によってさまざまですが、寝相によって睡眠の質に差が出てくる事も有りますので、寝相で寝るかは重要なポイントでは。

A 「左右のバランスが良好」な「仰向け」最もバランスがとれる基本的な寝相。体重が分散さ
  れるので負担がかかりにくい。

B  軌道を確保しやすい「横向き」
  軌道が確保しやすいので、呼吸が楽になる。
  又、推間板ヘルニアや、腰部脊柱管の人は、横向きで背中を丸めて寝ると、腰への負担が  
  緩和されて楽になると思います。

C 痰の誤嚥を防げる「うつぶせ」
  胸が圧迫された状態なので、慣れないと呼吸が難しい欠点があるが誤嚥を防ぐには良い
  
私は日によって異なるが「仰向け」か「横向き」です。

又、枕は自分に合うものを調達したい。理想的な首や肩が凝らない枕の高さ。朝目覚めて首や肩が痛いのは止めにした方がいいかも。

今日のグランドガルフの練習日でしたが、一回ホールインワンが出た、嬉しい「w」

 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ