2008/5/13  13:15

健康と医学  

昨年の暮れからどうも左目の調子が悪く、楽譜が二重に見え左目が霧が罹った様で憂鬱なので、今日岡○眼科で検査、案の定老人性白内障の発症、60代で70%、70代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障が認められるという。
一年前には視力も両目とも1,2だったのに今日の検査では右目が1,0 左目は0,5である

白内障は水晶体という部分が濁って視力が低下する病気で、先生の曰く、手術によってほぼ元通りに治りますとの事。手術を6月9日に予約。

昔は濁った水晶体を取り除くだけでしたが術後に度の強い眼鏡が必ず必要となったそうであるが、現在は眼内レンズという小さいレンズが眼の中に入りますのでほぼ正常と変らない見え方に治す事が出来るそうだ、

白内障手術そのものも、大きく進歩し、例えば、小さい傷口から超音波装置を使って水晶体を取り除き元々水晶体のあった位置に眼内レンズを固定する超音波白内障手術が行われているようである。

わが国では、1985年頃より眼内レンズ挿入術が普及し、1992年4月より眼内レンズが保険適応となり、今ではどなたにもこの手術の恩恵を受けれるようになる。

白内障の予防には
*点眼薬、内服薬などの薬物療法の継続
*偏食を避け、バランスのよい食事を心がける
*強い紫外線、放射線、赤外線の暴露を避ける{サングラスや保護眼鏡}
*糖尿病などの白内障の原因となる病気を防ぐ

白内障を防ぐと言われる食品
*ビタミンE {大豆、玄米、植物油、胡麻、鰻など}
*ビタミンB2 {海苔、レバー、納豆、鶏卵、鰯}
*ビタミンC  {緑色野菜、いも、柑橘類}

白内障を助長すると言われる食品
*古い油を使った揚げ物、古い魚の干物など
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ