2008/7/28  12:31

岡山・後楽園「蓮」  

夏の風物詩である、後楽園「観蓮節」が20日にあったが行けなかったので、今日7時半開園を待ち見蓮、

「観蓮節」は、同市出身の植物学者・故大賀一郎博士から大賀ハスを譲り受けたのを機に、1956年から実施されている。大賀蓮は、弥生時代の地層から見つかった淡いピンク色。場所は中の島と茶畑の中間に位置する。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




大賀蓮[上」
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します






一天四海{大名蓮}「下」
大名蓮は後楽園正面入り口から右方面の花葉の池にある、大名蓮は大ぶりな白い花びらが特徴的。今年は例年より花びらが大きめであった。

昨日も岡山地方は38度、8時に入園し約30分程の観賞であったが、汗びしょである。

7月29日から始まる後楽園の「幻想庭園」照明のセッティングも完了していた。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ