2009/2/17  12:37

社会と環境  

そろそろ花粉の時期を迎える。私には無縁だが、花粉症に悩まされている方には朗報では。

富山県は花粉を出さない新たな杉を種から生産する技術を全国で始めて確立したと発表しました。
富山県森林研究所は17年前の平成4年に富山県内で花粉のない杉を発見し研究を進めた結果、特定の遺伝子が花粉のない無花粉の杉を作る事を解明。無花粉のままでは種が摂取出来ないが、この特定の遺伝子を持つ杉と有料な杉とを人工的に交配させる事で、50%の確立で無花粉の杉を種から生産する技術を発見しました。

無花粉の杉は之まで挿し木で増やしていましたが、種からの栽培は生長も早い為により多くの生産が出来と言う事です。

富山県は3年後の平成24年に最初の苗五千本を出荷予定で、5年後には2万本の苗の生産を目指しています。

尚、富山県は全国各地に苗を出荷し、花粉対策に役立ててもらいたいと願望している。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ