2009/7/29  15:40

健康と食材  

「病気にならない生き方」の中に
「牛乳ほど消化の悪い食べ物はないと言っても過言ではありません/牛乳に含まれるタンパク質の約8割を占める「カゼイン」は、胃に入ると直ぐに固まり、消化が悪いと」

此の文面に付いて[公開質問状」で示された、「牛乳乳製品健康科学会議」の見解では、

牛乳では消化吸収に優れた食品の一つ、牛乳タンパク質「カゼイン」は胃の中で酸や酵素により固まるが、それにより消化されにくくなる事はなく。

「カゼイン」は牛乳中では「コロイド粒子」としてタンパク質分解酵素が自由に入れる緩やか構造を持っており、容易に分解される、

牛乳中の「カゼイン」は肉の様に熱を加えなくとも、そのままの形で消化酵素により容易に消化可能な構造を持つタンパク質であるとの見解。

庶民は健康に関して、見聞を広める為に、常に自己管理に務めているはずであるからこそ「病気にならない生き方」の著書に注目し購入した。

100万部突破を達成し、衝撃のミリオンセラーとなったが、今に思えば購読中も疑問点が有った。他の本とは反対意見が多かったからである、まして私達は素人、医科大学教授の著書ともなれば読み、それにより体の気遣いもするのである。

[今日は何の日」

交通量の増大や建物の密集化等で中断されていた、東京両国の花火大会が1978年昭和53年の今日、隅田川花火大会と名前を変えて、17年振りに復活しました。

復活第1回の花火大会は、消防法の関係で仕掛け花火は禁止され、打ち上げ花火も直径10センチ未満の、3寸玉に限られる、それでも隅田川両岸には80万人の見物客で賑わいました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ