« 絵画 | Main | 新語 »

2010/1/30  9:45

天体「火星」  

昨夜「29日」ギター教室に行く折、28日に地球に接近した「火星」を晴天の東夜空で「19時頃」、月の斜め下に赤みを帯びた火星を観測できた。又、今朝の6時頃、ウオーキング中今度は西の空で満月の月の真上に火星を観る、この神秘的な現象は2年に一度観察する事が出来る。

地球が一年に約365日で太陽をぐるりと一回りしているのに対して、火星は約687日掛けて太陽の周りを一周しています、内側を回る地球が火星に追いついて、追い越す時が接近の時期になる

地球がほぼ円に近い軌道をもつのに対して、火星はやや押しつぶれた形の楕円軌道を回っている為に、接近する場所によってその距離が大きく変化する訳、

最も近い時で5600万km、遠い時は約T億kmと大きな差が出来る。之が、大接近と小接近が起きる理由。今回の接近はT月28日で9933万kmでした。


クリックすると元のサイズで表示します


木星と火星の比較、ネットより検索参照
最接近を終えてからも、火星が見やすい状態は暫く続くので、如何ですか「?」
0



2010/1/31  9:54

投稿者:i6bworld

こんちゃんへ
子供の頃、この広い宇宙にロケットで飛行して行くと何処かに突きあたるのかと、例えば、「仮に箱みたいな物の中に宇宙が存在している」こんな事をよく想像したが、無限の宇宙、想像すれば、想像するほど頭痛が起きる、「爆笑」
早朝のウオーキングの時星を観ながら歩きますが、広い宇宙を想像すると神秘的で良い物ですね。時々ケッパンづきますが「笑」

http://www12.oninet.ne.jp/i6bworld/index.html

2010/1/31  9:10

投稿者:こんちゃん

なんだか想像のつかない距離ですよね・・・

数百`なら車走行時間でも考えられますが^^;

http://blog.livedoor.jp/asitamohare/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ