2010/5/14  12:26

大相撲  

大相撲夏場所5日目で全勝力士が、横綱白鵬・大関把瑠都・東前頭10枚目阿覧・西前頭15枚目霜鳳の4人で残念な事に日本人は霜鳳唯一人で後は外国人で有る。日本の国技でありながら日本人の横綱もいない不甲斐ない相撲協会だ。

昨夜の5日目でグルジア出身の栃ノ心が初日の把瑠都戦で負けたが、2日目からは大関陣日馬富士・琴欧州・琴光喜・魁皇を総なめで4連勝である。平幕が大関を4日連続で勝ったのは、1987年の春場所で益荒雄以来史上2人目だそうな。相撲もモンゴル他外国人に押され気味で日本の力士も奮起して欲しいものだ。

「今日は何の日」
1971年「昭和46年」の今日
48代横綱の大鵬が引退をしました。ライバル柏戸との熱戦で拍鵬時代を築いた大鵬は横綱在位58場所、優勝回数32回と、史上最高の成績を残しました。当時その強さと人気を表す「巨人・大鵬・玉子焼き」の言葉が生まれました。

その48代横綱大鵬の引退から20年後の、1991年「平成3年」の今日
58代横綱の千代の富士げ引退しました。通算1045勝、優勝31回、53連勝の記録を残しました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ