2010/6/29  7:08

絵画展「新見美術館」  

個展会期「6月22日~28日」の為、御無沙汰していたブログを漸く描ける状態となった。

個展もNHk・新見ケーブルテレビ・山陽新聞・地元紙の備北民報等の個展の紹介をして頂き、会期期間中「T週間」で約T千人以上の観客者の来場であった。

又、芳名帳にも150人程の記載で、来場者の約7〜8人に1人である。個展を良く観賞される方は入場と同時に記載して頂けるが、通常はお願いして書いて頂ける次第だ。

我が会場に入場と同時に先ず第一声「写真?」次に第二声「凄い」の声が入場と同時に聞こえ、皆さん食い入るように観賞されていた。絵画展といえば油彩・水彩画が殆どである。鉛筆画は見たことのない方が殆どで、まして6Bの鉛筆だけで描いているとなるとよくここまでと感心していた。

興味のある方は描き方とか鉛筆の使い方、一枚に要する日数等質問で応答するのが大変であったが、誠嬉しい悲鳴である。

毎回の個展時には皆さん堪能し感動していただけるので、又描こうと言う元気が出てくる。
拙も会場には22日・24日・26・27・28日と詰めていたが。岡山からの通勤,開場時間9時30分〜閉館5時で朝は開場時間に間に合うよう家を出約二時間の運転、帰宅も5時に美術館を出て我が家に着くのが7時過ぎで、風呂と夕食を済ませると8時である、3日間連続すると流石に疲労もピークになった「笑」

お陰さまで開場費と日当費はクリア出来ホッとしている次第「笑」


クリックすると元のサイズで表示します


     6月24日付けに「備北民報」に掲載された新聞記事
会場風景の写真をと思ったが、説明等で撮る時間が無く公開は出来ない次第だ。

昨日は帰宅も遅く絵も車に積んだままで、これから整理とかたずけをする。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ