2007/2/20  17:22

健康と医学  

前日本屋に行き血圧に関係した本を購入、
この本は「青木久三先生」の著書です、先生は高血圧に関する研究では常にその最先端をひた走る,斯界の世界的権威の方、高血圧の解明に精進し、現在、其の研究成果が世界的に脚光を浴びている。

私も年間1〜2回160〜170ほど上がる時があり、降圧剤を服用するが、慢性に成ら無いかと心配である,その為、130台に下がると直ぐ服用を辞める、先生に聞くと薬は一日しか効かないので服用したらと云はれる、

毎日NHKのラジオ体操を午前と午後適当な時間にしているが、

青木久三先生の著書の中に高血圧を低く保つ[method]メステッドが書いてあった。
其の方法とは、
朝起床後に、「起き抜けのラジオ体操を実行すれば一日中血圧を低く保てる」との事、

先ず、起床「6時」後にコップ一杯の水を飲み、ラジオ体操か散歩をする、朝食は卵、目刺し
牛乳を飲む、10時にはお茶、12時に魚、肉の昼食をゆっくり食べ、食後は十分に休息、
3時にはお茶をまた戴き、夕食は魚料理か肉料理を食べる、寝しなに水を一杯飲み、10〜20分散歩をし、睡眠に、食事時は野菜もしつかり取る、

この方法で今は挑戦して見てはいるが,結果は未定、今朝10時の血圧は135・75で午後4時の血圧は136.77であつた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ