2010/9/28  16:08

新語  

新語で「工芸茶」とは、ポットの中に茶玉を入れてお湯を注ぐと、茶葉が開いて花が現れてくるお茶が「工芸茶」と呼ばれている。

80年代後半に上質な茶葉の産地として知られる、中国安徽省で考案され、その地元産の緑茶や紅茶などの茶葉を糸で束ね、花を包みこんだ直径数センチの茶玉にお湯を注ぐと茶葉が開いて鮮やかな色の花が顔オ出す、

茶葉を糸で結んで動物などかたどった物もある。

「工芸茶」の名前はユニークな細工や象形を観賞する楽しみが有る事から、付けられているが、茶葉が開く様子を観る為に、ポットは耐熱性のガラスポットを使い、沸騰した湯をゆっくり注いでいくと、水分を含んだ茶葉が一枚一枚揺らめきながら開いていき、それらが開いていくにつれて、茶葉の中から花が顔を出して浮かび上がるという仕掛けとなっている。

「今日は何の日」
2001年「平成13年」の今日は、プロ野球巨人の当時の長島茂雄監督が、このシーズン限りで退任する事を表明しました。

長嶋監督は通算して15年間巨人の指揮をとり、この間リーグ優勝5回、2度の日本一に輝きました。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ