2010/10/15  17:42

絵画展  

2010年10月12日〜17日まで開催されている、チャーチル会岡山と岡山県エッセイストクラブによるコラボレーション展を岡山県天神山文化プラザへ観賞に行く。

9時開館より早めに行けば自動車も駐車出来るが、この時間「11時」になると駐車も出来ないので、スクター「ホンダリ―ド」で、案の定駐車場は満車で入り口近くには車の列である。スクターで来て正解であった。

「ふるさと讃美」「おかやま百景」展と銘打ち、出展者100名による水彩画展で、大きさも6号〜8号程の絵画、出展も一人2枚〜4枚、流石に100名の絵となると見ごたえも有り、絵画に対する個人の性格・筆の使い方・描写する物の捉え方等本人の表現力が判る。

チャーチル会岡山に拙の懇意にしている方が出展しており、何時も拙の個展の際には観賞に来て下さる方だが、彼は市の水道局部長まで出征、定年後の趣味として勤務中に先生に付き絵画の勉強を現在まで継続されている、本来は油彩画を勉強している。

約一時間の観賞時間であったが楽しく見学させて頂いた。

今夜は之から公民館にギター教室に出かける、来年度の公民館文化祭の演奏曲目をそろそろ練習曲の中から決めなくてはいけないが、まだ決めかねる状態だ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ