2010/11/3  7:02

観光旅行  

藤の里町内会「敬老会日帰り旅行{65歳以上}」今年で7回目で日程は「呉市海事歴史科学館「大和ミュージアム」ー「てつのくじら館」の見学。
この旅行会には、今回初めて参加した。行程は藤の里AM8時に「ナカウン観光バス」にて出発し、山陽自動車道の岡山ICより下り、小谷SAでトイレ休憩後、予定であった西条ICより手前の高屋JCT/ICで山陽自動車道を降り、新規に出来た東広島自動車道を経由し11時過ぎに「てつのくじら館」に到着。

「てつのくじら館」は海上自衛隊資料館で、建物玄関前には、実物の潜水艦「あきしお」が展示してある。
クリックすると元のサイズで表示します

             「展示用潜水艦あきしお」
昭和60年に進水した,ゆうしお型潜水艦「あきしお」様々な任務を遂行し、平成16年3月に除籍、同18年9月に国内最大の起重機船「クレーン船」で陸揚げされ、呉資料館に展示される。
昭和58年4月、三菱重工神戸造船所で起工され、昭和61年3月に就役、第一潜水艦第一潜水隊に配属された。

要目・基準排水量;2,250t 長さ:76,2m 幅:9,9m 深さ:10,2m 馬力:水上3,400PS 水中7,200PS、速力:20ノット{水中}定員:75名

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
 計器が並んだ心蔵部内、下の写真の右手に潜望鏡がある。
クリックすると元のサイズで表示します

         之はロシア製の魚雷で直径約1,2m
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「てつのくじら館」を見学後、天然温泉「大和温泉物語」にて昼食後、は「大和ミュージアム」に移動し見学する。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ