KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひろこ
さらふぁいさん、むっくさん

わ〜い、お二人とも、アアルト好きでいらっしゃいましたね〜。
私も大好きだけれど、お二人のほうがそれぞれお詳しそうですね。

この製氷皿は、円山の、メトロクス札幌にあったんです。

小さなお店なんですが、イイタラ、ヤコブセン、柳宗理といった、シンプルで美しいデザインのテーブルウェアや家具やステーショナリーなどが置いてあって、近くを通るとのぞくのを楽しみにしているんです。
高くてとても手を出せないものも多いんですが、この製氷皿はお手頃価格でしたよ〜。

http://metrocs.jp/shopinfo/

さらふぁいさん
私もあの花瓶、大好き!
水の中の茎もとてもきれいにみえるんですよね。
そしてあの凹凸が、案外、花を生けやすくて。

むっくさん、
ロヴァニエミの図書館、行ってみたかったですね。。。
街ごと、ほんとうにもったいない。。。
でも、そのあとの復旧もほんとうにみごとで。

あの鍋敷き(私も愛用)は、
アアルトへのオマージュだったんですね〜。
ヌルメスニエミのポット、いいなあ〜。

シンプルな、物の少ない部屋だったら、
アアルトの花瓶や、ヌルメスニエミのポットが映えるんだろうなあ〜。
(・・・とほほ)

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:むっく
あらさん!これはどこで入手を?
私は空襲で焼けてしまったという若き日のアァルトのデザインによるロバニエミの図書館へ行ってみたかった…。採光に関する解説を読みましたが素晴らしい!
さらふぁいさん、私はアァルトへのオマージュという白樺の鍋敷き(湖のカタチ♪)を使っています。上にのせるポットはもちろん、ヌルメスニエミハートx2
投稿者:さらふぁい
うわ〜、これは、どこで買えるのですか??
うちの夫、学生時代から、建築家としてアアルトを尊敬していて
このかたちの花瓶も、我が家の愛用品♪
私は、アアルトの作品集を眺めるも大好きです(^^)

http://chie-sarafai.jugem.jp/

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ