KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
毛糸の靴下、私も大好きです!みかさんの今年の作品は、たくさんの小物になるのかしら、それともたくさんの糸を使った大物になるのかしら。
大物、ということで言えば、「毛糸だま」という愛読誌の北欧特集に載っていたノルディックセーターをいつか編みたいなぁと思っています。今年のものではなさそうですが。。。

この『北欧のニットこものたち』には、シンプルな無地のミトン(真っ赤な手首にポンポンのついた、昔編んだみたいなものや、白無地の手首に赤・黄・青の糸を渡した刺繍のある伝統的なもの)から、バスケット編みのマフラーやミトン、凝った伝統柄の編みこみが指先までびっしり入った指つきの手袋のように編み応えのありそうなものまで載っていて、楽しいですよ。
私が編みたいと思っているミトンは、スノースターを編み込んだもの。「ベリー」という編み込み柄もとても可愛くて、何かに使ってみたい気がしています。

おや、件の本が見当たらない。さては、「編んでみたい!」と言っていたこあらが持っていったな〜。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:みか
私もこのところずっと編物モードに入っていて、古いセーターをほどいたり編み図を眺めたりの毎日です。
しかも、まさにこの本をアマゾンの検索で見つけ、本屋に中身見に行こうかと思っていました(「北欧」で検索したら出てきたのです)
著者の嶋田さんは、昨年の編物モードの頃、NHKのおしゃれ工房に出演してるのを見ました。
 本当は久しぶりに大物(ジャケットとかセーターとか)編みたい気分だけど、まとまった量の毛糸を買う勇気がなくて、手持ちのあまり毛糸で作れるものの計画を練ってしまいます。昨年は靴下いろいろ編んでました。ただ、手編みの靴下って、ブーツは勿論、家の中ではくスリッパも入らないのが困りもの。クリスマス用みたいな分厚いくつした、大好きなのに。

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ