KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
余市の海の風が感じられる場所でした。お店の一部は金物屋さんです。

駄菓子屋系、といえば、札幌の「プー横丁」もなんとなくそうかもしれない。やはり石蔵の、とてもいい喫茶店ですが。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:みかん
>あ、すぐに双六ってわかりましたか?
古いもの好きなのでわかりました。
特に駄菓子屋系骨董は好きです。

余市にこんなステキな場所があるとは知りませんでした。
次回絶対行きたいです。
投稿者:hiroko
階段、何度かつまづきそうになりました。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:みか
カンテレを生で聴くのになんともぴったりの空間でしたね!
2階がどうなっているのか、実はとっても気になっていたのです。階段が急なのも楽しそうで・・・

ライブ終了後、実は1階のお客さん達は控えめにアンコールをねだりたそうなそぶりだったのです・・・でも、皆さん控えめ過ぎて大きな拍手が出来ずにそのままになってしまっていました。
 私は一緒に行った友人とおしゃべりがはずんでしまい、同席した方たちとお話しないままだったのがちょっと心残り。また次回を楽しみに!

珈琲以外にも紅茶やジュースがありました、ケーキも美味しかったですよ。
投稿者:hiroko
あ、すぐに双六ってわかりましたか?
色合いも図案もいい感じでした。
ライブは蔵の1階だったのですが、2階には大正・昭和初期くらいの感じの骨董品がいろいろありました。
あと、大正15年当時を復元した町の地図があったのですが、通りにはずらりと商店が並び、往時の余市の繁栄ぶりが偲ばれました。

@odo6さん、大丈夫でしょうか。お車はかなり?
あの悪天候の中、遠くからライブに向かっていただいて、ありがとうございました。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:@odo6
お店の雰囲気もとても素敵ですね。
今度余市に行く時はぜひ立ち寄りたいです。
ライブ行きたかったなァ〜(^^;
投稿者:みかん
あ!古いすごろく!
これを見に行くだけでも楽しそうです。

コーヒー飲めなくても大丈夫な場所なのでしょうか。

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ