KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
pepparkakaさん
記事読ませていただきました。喜んでいただけて嬉しいです。永く楽しんでくださいね!
そのカンテレは、はじめから E F# G# A B でチューニングされていました。おそらくその音域が楽器にいちばん合っているのでしょう。私のweblessonは、Dを記調にしているので、移動ドで、弦の番号を目安に弾いてみてくださいませ。
また、多少の音域の変更は大丈夫だと思います。試すとき(特に音を上げるとき)は弦を切らないよう十分にお気をつけて!

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:pepparkaka
あのー。

この記事をよく見たら、「D」のようなのですが、
わたしの子は「E」ではないかとおもうんです。

ピアノの調律をさぼっているので、
1音、ちがってしまったのでしょうか. . . 。

それとも、ほかのページにヒントが書いてあるのかしら。
すみません、ちゃんと読む時間がとれなくて。

あれこれ片付いたら、WebLessonからはじめますね!

投稿者:pepparkaka
ひろこさん!

わたしのカンテレ、ありがとうございました。
記事ひとつ書きましたので、ご覧ください。

http://blog.so-net.ne.jp/haruminshus/2005-12-07

あれこれ落ち着いたら、基礎から正しく知りたいです。
おしえてくださいね。

投稿者:hiroko
少し整理してみました。
コードは、シンプルにIとVだけに。
レイアウトがずれてしまって見にくにのですが、5拍子の4拍目で、コードが変わります。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:hiroko
PCの調子が悪くて、ちゃんと投稿できないのです。
レイアウトがめちゃくちゃですみません。
いずれちゃんと直します。

コード、I と V の二つだけでも良いですね。
この曲をミックススタイルで弾くこともできます。



http://white.ap.teacup.com/kantele/

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ