KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
お話を伺うに連れ、気持ちの良さそうな演奏会でしたね。
このところ、以前にも増して、歌のバックのカンテレに興味があるのです。まだまだいろんなことができそうと思うとワクワクします。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:toi
こんばんは。
本当に気持ちのいいコンサートでした。公演(翌日
の埼玉公演)を紹介した友人から感謝感謝のメール
がきました。
折角の来日で2公演なんてもったいないですよね。
会場は半分位しか埋まっていませんでした。それ
と、観客は年配者が多いように感じました。会場で
出合った友人は、2度目だと言っていましたが、2
度目、3度目の人も多かったかも知れません。

演奏は、歌が2/3位占めていたかも知れません。た
だ、歌の伴奏ではなく、それぞれが主張しあい、協
調しあって素晴らしい世界を作っていました。
鈴や杖のような打楽器も加わっていました。それか
ら、12弦位のウイング型の小型KOKLEも。これまた
素晴らしい音色で。コイスティネンのWING型ではな
く、最長弦いっぱいの響板を持った長方形のような
感じのです。

弦のテンションは決して低めには感じませんでし
た。指で弾く時の音色は、カンテレと殆ど区別でき
ないような感じでした。ただ、友人の感想では、残
響が少し少ないかなと言ってました。柔らかな音色
というイメージは、絶え間なく、滑るように弦の上
を走らせたピック奏法による部分が多いかも知れま
せん。奏法の一つとして参考にはなりますが、あま
り多用すると、ちょっと鼻に付くかも知れません。
もちろん全員がそういう弾き方をする場合もありま
すが、3人がピックで、後は指でとか、その組み合
わせの妙で飽きさせませんでした。友人にいわせる
と、上行・下行のグリッサンドの組み合わせなん
か、新鮮だったようです。

このコンサートは、mixiのカンテレ・コミュニティ
の管理人さんからの紹介でした。彼も来ていたの
で、また別の感想があるかも知れませんので、お聞
きになってはいかがでしょうか。帰りに、仲間の方
たちと食事に行き、カンテレも含めて色々な話しに
花を咲かせました。
投稿者:hiroko
toiさま
ご報告ありがとうございます!
素敵なコンサートだったようですね。
私も実際の音を聴いて、目で見てみたいです。

楽器はKokleだけだったのですか。
歌や、ほかの楽器とのアンサンブルも
あったのでしょうか。

優しく柔らかな音色なのですね。
カンテレよりも弦のテンションが
低めなのかしら、というイメージを持っていますが
いかがでしょう。
カンテレも、古い録音は今よりずっと
テンションが低いように思いますが。


http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:toi
Kokleのコンサート、限りなく優しく柔らかな音色
に、感動しました。ピックを使うということなの
で、ある程度きつめの音色を想像していたのです
が、全く予想と反しました。これはピックの使い方
(角度を小さくしてごく滑らかに)とともに、音型
の作り方(メロディーの各音の下にアルペジオを入
れるという方法を多用)にもあるように感じまし
た。また楽曲に応じてピック奏法(左手ミュー
ト)、通常の指による奏法を自由に織り交ぜていま
した。それと、必要に応じて小指も駆使していまし
た。
半音調整機構は、よく見えなかったので、2種類あ
るのかなということが分かっただけでした。
フィンランドと共通のシンプルだけれど美しい楽曲
が沢山あったのが嬉しかったですね。それと、音楽
を心から楽しんでいるという姿勢が、とても素晴ら
しく感じました。
投稿者:hiroko
合奏団なのですね。
HPの写真でも、高音を手前に、左手でミュートしてコードを弾いているのがわかりますね。おさげと帽子がかわいい。
ぜひコンサートレポートをお願いします。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:toi
明後日、kokleのコンサートに行きます(Dzitari東
京公演)。
http://www.culturelinks.org/
dzitari.shousai2005.html

幸い、わりと前の席が取れたので、細かい指の動き
など見ることができるかも知れません。
使用される楽器は、30弦で、全弦に半音レバーが付
いているタイプのようです。これは、現在のカンテ
レにはない部分なんですね。半音レバーが、ダブル
アクションなのか、シングルアクションなのかが興
味あるところです。
もちろん曲も楽しみです。
投稿者:hiroko
羽!
カンテレにはどうかしら。今度やってみよう。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:扇柳トール
マウンテンダルシマは羽の軸を使ったりします。

http://air.ap.teacup.com/toru/
投稿者:hiroko
カンテレもピックありです。今度ピッキング指導してください。
フィンランドでは昔はマッチ棒を使っていたらしいです。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:扇柳トール
あ、ピック使ってるんだ、今度カンテレでやってみよう。

http://air.ap.teacup.com/toru/
1|2

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ