KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
トーヴェ・ヤンソンの住んでいた無人島のコテージ、泊まってみたいですね。彼女の「リス」という短編を、この冬、なぜかよく思い浮かべます。


http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:hiroko
LOITUMAのファーストアルバムを初めて聴いたときの新鮮な、わくわくするような思いは、今も色褪せません。
Tallariのあの曲で歌っているのは、Liisa Matveinenというシンガーです。Tallariは、固定のベテランミュージシャンに加え、その時期によって、1年か2年くらいのタームでLiisaや、ヴォーカルとアコーディオンのPia Rask、カンテレのAnna-Marja Kaljalainenといった若いミュージシャンをメンバーに迎え、それぞれにフィーチャーしたアルバムを作っています。この1990年のアルバム「Lunastettava Neito」では、LiisaのヴォーカルとVimme Saariのヨイクがフィーチャーされています。
このアルバム、1894年に撮影された美しい少女の写真を使ったジャケットがまた素晴らしいのですが、残念ながら今は手に入りにくいみたいです。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:みか
土曜日の再放送を聞きました。LOITUMAすごくいいですね!
あと、Tallariの歌声には、何か懐かしさを感じます。特に北海道的?な音色を感じるてしまうのは何故かなあ?
トーベ・ヤンソンの話が少し出ていましたが、彼女のことを特集した番組があるといつも録画して繰り返しみていました。
 彼女が住んでいた無人島の小屋に、いつか泊まりに行ってみたい。あと、年をとったら彼女のように暮らしたいっていつも思っています。

http

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ