KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
どざえもんさん、
お忙しい中お揃いで来ていただいて、ありがとうございました。ライブ楽しんでいただけてよかったです。

カンテレとの出会いは、はじめは小さいカンテレだったんですが、そうですね・・・なんというのかな、胸に抱きしめたいような感じでした。出会えたことに、ほんとうに感謝しています。

いただいた手作りキャンドル、とてもきれいですね。どざえもんさんの絵のミニチュアのようで、使うのがもったいないくらいだけど、火を灯すとまた美しいのでしょうね。ありがとうございます。

みかさん、
「別れの曲」そんなふうに聴いていただけて、とてもうれしいです。あの曲には、哀しみと愛惜と、そしてきっぱりした決意のようなものがありますね。これからもっと深く弾きつづけていきたい曲です。

カンテレという楽器自身がすでに、「語り継がれた物語」や「守り続けた内なるもの」を語る吟遊詩人のような性格を持っているのかもしれませんね。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:みか
ライブとてもとても良かったです!
今まで何度も聴いてる筈の「別れの曲」ですが、今回特別に胸に響きました。そこにあるのは哀しみだけではなく、別れは決別であり、生まれ変わり・新生と再生の兆しなのだ・・・というメッセージを感じたんです。
 そんな曲に込められた「明るみ」に本当に打たれた気がしました。多分、自分がそういったことを考えていたせいとは思いますが、そんな風に自分と音楽がその場で共振するのを感じるのはまさにライブの醍醐味ですよね。
 カンテレの演奏にはいつも、「語り継がれた物語」や「守り続けた内なる世界」を感じます。
 今年も沢山ライブに行きたい!

http
投稿者:どざえもん
ひろこさん、早速、コメント入れて下さってありがとうございました。ブログにまだ慣れてなくて、あっちこっちキー押して、もう大変です。
ライブ、ホント良かったです。
カンテレに出会ったとき、「おう、逢いたかったんだ…」といった感じだったのでしょうか。(あっ、「おう」とは言わないか)
これからも、いっぱい聴かせて下さいね!
ではでは。

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ