KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
いま、ここにいる雀は、海から戻ってきたのかしら、それとも、一度蛤になった雀はもう元には戻らないのかしら。おしゃべりな雀が、貝のように(!)口を閉ざして海の底でじっとしている姿、なんだかもの悲しい。

ああ、困った、蛤のお吸い物を見るたびに雀を思い浮かべてしまいそうで。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:@odo6
「雀蛤となる」という言葉があります。昔、秋から冬
にかけて、里から雀の姿が無くなるのを、海に入って
蛤に変わるからだと思われていたからだそうです。大
蛤のことを「蜃」といい、これが気を吐いて作り出す
幻の楼閣を「蜃気楼」というのです。春、祝津沖に現
れる蜃気楼は、遠い昔の秋の海に入って大蛤になった
雀の見せる幻なのでしょうか。

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ