KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
スナフキンがカンテレを弾いていない理由を推察してみますと、(あくまでも私の推察です)

・ヤンソンさんはスウェーデン語系の人なので、カンテレにはあまり馴染みがなかった。

・ムーミンの世界に特定文化圏の(フィンランド固有というイメージの強い)カンテレを持ちこむことを、ヤンソンさんが好まなかった。

・ハーモニカはポケットに入るけれどカンテレは入らなかった。

・スナフキンが焚き火をしているとき、うっかりカンテレも燃やしてしまった。

・カンテレを弾いているとヴァイナモイネンと間違えられるので、自分はそんなに年寄りではないと思っているスナフキンは弾くのをやめてしまった。

・スナフキンはカンテレはこっそり弾いていたので、誰も弾いていることを知らなかった。

・・・ほかに思いつく理由のある方、教えてください。

ヤンソンさんは、晩年は無人島の別荘にひとりきりで暮らしていました。私は、寂しくはなかったのではないかと思うのですけれど、どうなのでしょうね。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:yukio
「ねぇムーミン、こっちむいて、はずかしがらーないでーもじもじ、しなーいーでー・・・」と言う主題歌は当然日本限定だったんでしょうねぇ。
スナフキンにカンテレ弾かせなかったのは何故?
確かヤンソンさんは晩年は寂しい人生?だったようなドキュメンタリーを見た記憶があります。

http://c-note.jp/e_yukio/

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ