KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
そうそう、サルミアッキについては、その表現はとても分かりやすいと思います。うがい薬はかなり近い気がします。
ラクリッツは、サルミアッキのしょっぱさとアンモニウムのツーンとする感じがないので、ぐっと食べやすいと思います。
IKEAの売り場などにもあるそうですので、ぜひ両方に「挑戦」を。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:hiroko
国立の友人さん
お久しぶり!そちらは暑いでしょうね。
私もその本、見たことがあります!かわいくって、眺めているだけでにこにこしてしまう感じでした。
フィンランドのものって、手作りの素朴な雰囲気のものも、モダンデザインのものにしても、媚びていないすっきりした感じが気持ちよくってかわいいなと思います。
今、手元には、「北欧の道具と暮らしたい」(美しい部屋別冊)というこれまたかわいい本がありますよ。

suomihoさん、
そうですね、きっとそちらより少しは日が長いのでしょうね。先日東京のミュージシャンの方が、夕刻に「こちらはまだこの時間でも明るくて『こんばんは』か『こんにちは』か迷う」とおっしゃっていました。
でも、日毎に日の暮れるのが早くなっていくのがわかります。束の間の夏の夜を惜しむ気分です。北欧の人たちと通じるものがあるかもしれませんね。

先週はRovaniemiでも、ほぼ一カ月ぶりに日没が訪れるようになったそうですね。



http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:suomiho
もしかしたら北は日の入りが遅いのですね、フィンランドの夏の夜を思い出しています。

http://blog.goo.ne.jp/suomiho77/
投稿者:国立の友人
こんにちは!ひさしぶり♪

今日図書館から菅野直子さんという方の「北欧フィンランドのかわいいモノたち」という本を借りてきました!ホントにかわいいものがいっぱい…。
もちろんサルミアッキもでてて、「しょっぱ甘くて、うがい薬っぽくもあり、後半は口の中がスーっとする」そうです。それであってるの?
いっしょにラクリッツというのもあったよ。ラクリッツにアンモニウムを加えたものがサルミアッキってますます謎ですが。「ぜひ両方に”挑戦”を」ってありました。

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ