KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
こじんまりといい雰囲気の読書会のようですね。
おおっぴらに情報公開、なさるといいんじゃないかしら。pepparkakaさんの活動を求めておられる方が、潜在的にもきっといらっしゃることと思いますよ!

私も、あまりちゃんとやっているというほどではないのですけれど、検索からこのブログにたどり着かれた方からメッセージをいただいたりするのも、うれしいものです。

「もとアンニカ」、アンニカもチャーミング。
ところで、お会いしたとき、ムーミンの中でどのキャラクターに近いか、という話題になりましたよね。最近になって急に、自分はそうかもと思い当たるキャラクターが分かりました。うふふ。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:pepparkaka 
ムーミンの読書会の様子は、こちらを;
http://blog.so-net.ne.jp/haruminshus/2006-07-24

カンテレ披露の記事も、隣にあります。


読書会にせよ、そのほかの活動にせよ、
まだおおっぴらに情報公開していないのですが、
わたしもそろそろ、hirokoさんのように、
きちんとやったほうがいい/やらなければならない
かなあ、と思うようになってきました。


それから、ピッピ!
やっぱりピッピは、ほんとにすごい作品ですね。
「もとアンニカ」が「ピッピ役」を演じようとすると、
さまざまな混乱が生じますが... 面白いです。



http://blog.so-net.ne.jp/haruminshus/
投稿者:hiroko
pepparkakaさん、
こんばんは。お久しぶりです!

>じぶんが子どものときを思い出しても、
ほんとうにそうだと思います。

そうそう、そうなんです。

いま、ピッピなんかは、その不自由な感じと、
それを難なく解き放ってくれる感じの
両方が入っているところがすごくいいんだな、と
あらためて思いました。

カンテレ、お披露目・お披露耳なさいましたか!
しかも「ムーミン」の読書会で!
pepparkakaさんの「ムーミン」読書会、
どんなご様子なのかしら。伺ってみたいです。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:pepparkaka 
hirokoさん
おひさしぶりです。

>子供って、自由そうに見えるけれど、けっこう不自由な感
覚に縛られているようにも思えるのです。

そうそう、そうなんです。
じぶんが子どものときを思い出しても、
ほんとうにそうだと思います。

そして、わたしにできることはなんだろう..と、
日々、考え、行動しています。

「ムーミン」の読書会で、kanteleをお披露目しました。
お披露目&お披露耳。 ふふ。
冬にはあたたかい音ですが、夏には涼しい音ですね。


http://blog.so-net.ne.jp/haruminshus/
投稿者:hiroko
エンドーズさん
お久しぶりです!そちらの夏は暑いでしょうね。
ご家族皆様、お元気でいらっしゃいますか。

ああ、夏野菜たっぷりの『らあじゃ』のスープカレー、おいしいでしょうね。。。あの塗りの器と可愛い象さんのロゴとともに、2月にいただいたカレーの美味しさが瞬時に蘇りました。あれは冬の野菜のお味だったのですね。ぜひぜひ春夏秋冬、それぞれのおいしさを味わいに伺いたいです!!

『らあじゃ』でカレーのあとに5弦カンテレを弾いている方が何人もいらっしゃるかと思うと、なんだか楽しい気持ちになります。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:エンドーズ
今日はおもいっきり暑いです。で、『らぁじゃ』のスープカレーも、やや!繁盛!! yukioさんも一人(!)でおいでいただき恐縮です。あの2月のライブは本当に懐かしく、今あのときのビデオをガサガサ探しているところです。またいつかライブをお願いしますね!店でCDかけているとお客様の反応が面白くて、コレはなんていう楽器?とよく聞かれます。すぐさまピアノの上の5弦カンテレを弾いてみせたりして・・・。そしてときどきCDが売れますよ。HTF関連のCDのプレゼンコーナーも作ろうかと思っています。
夏野菜がおいしい季節になりました。今日は何を入れようかとうれしい悩みです。野菜のおいしさとスパイスの妙と激しい辛さ(お好みですが)で、体がスッとします。
投稿者:hiroko
yukioさん、
夏はカレー!
ああ、「らあじゃ」のお店の中が、目に浮かぶようです。「らあじゃ」のしみじみ美味しいカレー、あのくつろいだ畳のお部屋で、またいただきたくなりました。
Gardenかけて下さっているなんて、うれしいです。

そういえば、私もジャックでカレーをいただくのは、一人のことが多いかも。というのは、子供連れのときは、なんとか家に帰って食べようと思うから。(←けち。)

あんでさん、
自分が4年生のころのことを思い出すと、なんだかあどけなく見えてしまう4年生の子たちが、実はいろんな気持ちを抱えているんだろうなと思う。子供って、自由そうに見えるけれど、けっこう不自由な感覚に縛られているようにも思えるのです。
素敵なオトナじゃない私ができることはほんのちょっとなのだろうけれど、その不自由なタガを少しだけゆるめてあげられたらいいな、と思います。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:あんで
>そう、絵を描いたり作文を書いたりするように、歌も自分で作れるんだよ。

ボクが4年生だったらきっと泣いてると思う。
子どもにとっていちばん大切なことは、素敵なオトナに出会うことです。
投稿者:yukio
今日aasian kukkaさんにも演奏して頂いたスープカレーの「らあじゃ」に久しぶりで「昼間」お邪魔してカレー頂きました。バックミュージックがあらさんの「garden」でした。とてもほのぼのしたひと時でした。2月を思い出しました。カンテレの音はオルゴールにも聞こえますね。
気になるのは・・・一人でカレー食べてたのは私だけでした(爆)小梅太夫やっちゃうぞ(知ってますか?)チ・キ・ショーッ!!

http://c-note.jp/e_yukio/

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ