KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
三白草も薬草なのだそうですね。

林芙美子にこんなふうに言われるなんて
いったいどんな花かしら、とかえって気になったりします。

花に生まれかわったら、
今より穏やかに、ゆらゆらと風に吹かれるままに
いられるのかしら…。

http://www.myspace.com/hirokoara
投稿者:Hop
珍しく「お勉強」しておりましたら?!林芙美子の随筆にこんな一文があることを知りました。
「…今度生まれかわる時は花になって来たいものだ。
花だったら三白草だっていい…」
ドクダミ科の植物のニオイは、昔からあまり好まれなかったのですね。
ドクダミ茶も意外とおいしいのだけれど、イメージからいうとジャスミン茶にはかなわないのかも。
投稿者:hiroko
ITTOさん、こんにちは。
え〜、あんなにどんどん増えるドクダミが、種を播いたりポット苗では増えにくいなんて。面白いものですね。

ブドウ、緑の葉も、紅葉も、そして蔓も好きです。(もちろん実も。)冴えた紅葉の色は独特ですよね。
ただ、そう広い庭ではないので、まだどうしたものかと思案中。そうこうするうち、秋になってしまうかも。



http://www.myspace.com/hirokoara
投稿者:ITTO
ドクダミは種を播いてもなかなか発芽しないんですよ、ポット苗にすると腐りやすいし。ほっとくとグングン増えるんですけどね。
ブドウは葉っぱが大きいですけど、紅葉は良い色ですよね。

http://kasiwakura.blog.shinobi.jp
投稿者:hiroko
Hopさん、
おはようございます。
甘い、というより、甘酸っぱい、いえ、ほとんど単に酸っぱい、ですね。
若い山葡萄の実の味に似ています。

それにしても・・・どうしてかじる気になったのでしょうね。

丸太!ダイナミックですね。それなら落雪にも耐えられるかしら。。。
案のひとつに加えさせていただきます。

http://www.myspace.com/hirokoara
投稿者:Hop
蔓をかじると甘いのですか?
そんな発見をしたこあらちゃんたちに益々会ってみたくなりました。
私も、どこかでかじってみようかしら。

不確かな記憶ですが、
どこかの国では、葡萄棚の代わりに丸太を立てて、それにぐるぐる絡ませていたような…。

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ