KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hiroko
かっちゃいてくいついた方が、なんとなく理にかなっていますね。
ひっかいてかっちゃくのでは、ほぼ同じですものね。
地域によって少し違うのかもしれませんね。

http://www.myspace.com/hirokoara
投稿者:hiroko
国立の友人さん、
先日は、ライブご来場、ありがとうございました!

一つだけ低いところにあるろうそく……。
なんだかとても愛しい光景が目に浮かびます。

子供たちがちょうちんを持ち歩かなくなったということは、
見守る側にとっても、ろうそくの灯りがともっていない、
ということなのですね。
あらためて、なんだかさびしい。

そして、子供たちの一団、というのも、
私の記憶では、大きい子から小さい子まで
いろいろ連れ立って十人くらいの一団だった気が
しますけれど、今年うちに来たのは、2人とか3人、4人の小さな一団でした。

サウナの中!大変。
こちらもひどいです。午前中に干した洗濯物が、
夕方になってもほとんど変わらない状態です。

http://www.myspace.com/hirokoara
投稿者:扇柳トール
僕らの頃とちょっと違う。
僕らは「ロウソク出せ出せよ、出さないとかっちゃくぞ、
    おまけにくいつくぞ」でした。

http://www.myspace.com/ogiyanagi
投稿者:国立の友人
ろうそく出せ、懐かしいですね。
私も浴衣にちょうちんででかけました。
私が近所で一番年少だった頃、ろうそく出せの一団を暗い中母が遠くから見ていて、ひとつだけ低いところにあるあかりが私のちょうちんだとわかったそうです。

東京は大変なことになってますよ!
サウナの中で暮らしてるみたい。

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ