KANTE-Letter

あらひろこの
カンテレ通信

 

                     photo by Takayuki Fujikura
kanteleは、北欧フィンランドの伝統楽器。
木の胴に張った弦を、指でつま弾いて奏でる、
美しい響きの楽器です。
カンテレ奏者あらひろこの カンテレ通信 KANTE-Letter

「KANTE-Letter」のタイトルは、フィンランドの伝承詩集 ”Kanteletar” にちなんで。
 カンテレの音色を通じて、日々のお便りをお届けします。


アルバム Moon Drops (2007) 、Garden (2004) 好評発売中です。

Please visit MySpace ! ・・・試聴もできます♪
Hiroko Ara's MySpace : http://www.myspace.com/hirokoara


ライブ・インフォメーションはこちらをご覧ください。

投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひろこ
むっくさん、教えて下さってありがとうございます。
図書館でさがしてみます。

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:むっく
大人向けの田窪さんの本、『林檎の礼拝堂』1998年に集英社から出ています。
図書館でも所蔵しています。本
投稿者:ひろこ
むっくさん
そうですか、大人の本もあるのですか。
「たくさんのふしぎ」の中の
壁いちめんに大きく林檎の木が描かれた礼拝堂の中から、
開いた扉ごしに、大きな樹(イチイの樹?)が見える写真が
とても好きです。
りんごの木や花の絵がまたすばらしくて。
屋根に配された色ガラスの瓦から、
ステンドグラスのようにおだやかな光がこぼれているのも素敵。

小寺さんのトークは、残念ながら時間をはずして、聞き逃してしまったのです。
そのかわりというわけでもありませんが、
夕方、外から戻っていらした小寺さんにお会いできて。
娘さんたちのお名前のことでも、嬉しくて楽しい一致があって、
盛り上がりました。

「イラストレーターTさん」は、
お店にいらっしゃるTMさんのことでしょうか?
そうでしたら、もちろんもちろん。
日曜も、アコーディオンのお話をしましたよ♪
「ふたり会」ご一緒に来ていただけると、
と〜〜ってもうれしいです!!

http://white.ap.teacup.com/kantele/
投稿者:むっく
「林檎の礼拝堂」は、大人の本にもありますね?礼拝堂の中から林檎の木をのぞむ写真にハッとして、手にとりました。子ども向けだと、『たくさんのふしぎ』が、分量もちょうどいい。
私も青田さんは、あ・うんの頃からのおつきあいですから…え〜もうそんなになりますかね?
ひだまり通信を見て、カンテレって?と青田さんに尋ねたのが昨日のことのよう…。
小寺さんのトークには、マイミクさんが参加されて、詳細なレポートを送ってくださいました。『だって春だもん』は、娘さんのお名前に由来するのですねぇ。
アラスカの圧倒的な静寂の中にいると、自分が騒々しい生き物に思えるだなんてそんな自分の鼓動…一度でいいから、聴いてみたいものです。
佐藤国男さんは、いま函館在住ですか?私もひだまりに原画を見に行ったなぁ。そうそう、ではあらさんはひだまり縁りのイラストレーターTさんをご存じですか?
今度マイミクさんともども、あらさんとユキさんの二人会にお誘いしようか等と考えていました。^o^

Hiroko Ara

     あらひろこ  カンテレ弾き。コンポーザー。 北海道在住。      Birds and The Tree             Moon Drops      Garden         演奏、アルバム、楽曲、レッスン等のご依頼、お問合せは、 arahiroko@hotmail.com あてに、お気軽にどうぞ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ