2021/6/28

孫へ3  葬儀司会


初孫1歳になりました。

元気に育っております。

長女は子育て奮闘中。

次女は2月から東京の葬儀社に入社し奮闘中。

会えなくて寂しい日が続いています。

会える日を楽しみにしながらパパも頑張って働きます!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お師匠様の独り言から

奥様が施設に入居され

大変な毎日を過ごされておられる様子を知り

1日も早く、お二人で生活できる日を念じながら

今日の仕事も頑張ります
3

2021/3/7

おめでとうございます  葬儀司会


本日は お師匠様の誕生日です

御年74歳になられます

松山の地より手を合わせています

ご健康を心から願いながら

本日の業務に取り組みます

お誕生日 本当におめでとうございます

クリックすると元のサイズで表示します
2

2021/2/6

孫へ2  葬儀司会


今月末、下の娘が「修行」へと旅立つ 

彼女が居なくなるということ

いつでも会えなくなるということ

悲しい時辛い時に駆けつけてあげれなくなるということ

そういった現実が近付くにつれ

寂しさで圧し潰されそうになる

わたしと元妻の縁で「修行」場所を決めたくない

自分一人の力で葬送とは何かを考えたい

という思いからの行動

住むところ

勤める会社

そういった諸々を私には教えてくれない

「パパが来たらイヤだから!」

という娘・・・


気持ちよく送り出してやらなくては。

と、気丈に振舞ってはいるけど

本当に寂しい・・・


わたしの支えであった次女の旅立ちが

どれだけ辛いのものなのか

「孫へ2」と題してのこしておきます

クリックすると元のサイズで表示します
2

2021/1/2

孫へ1  葬儀司会

眼が不自由な中 毎日発信されている師匠を見習い

私も発信いたします

毎年恒例の社長と行く元旦お寺回り

今年は娘二人と孫も一緒に行きました

孫の存在は有難く 師匠の言われる

「孫が誕生するまでは謙虚に」

の意味を知る今日この頃です

クリックすると元のサイズで表示します

早織社長 かほり 孫といっしょに

クリックすると元のサイズで表示します

あかり 孫といっしょに
2

2020/7/1

新しい命2  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

おじいちゃんになりました
4

2020/6/28

新しい命  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

(左)おねえちゃん(右)いもうとちゃん



6月25日AM7:07 長女の旦那さんより

「お父さん。無事生まれました。」

「そうか。良かったな。」

「はい。かほりもがんばりました。」

と、涙ながらの電話。やさしい旦那さんです。


師匠、長女が出産しました。女の子です。


コロナの影響で旦那さんと母親と妹しか出入りできないため

私は写真での対面。。。

次々に送られてくる動画や写真を見ながら

自分の命が孫に引き継がれたという「感動」からひとすじの涙。。。

自分の人生を肯定してくれる瞬間でした。

「ありがとう」

その晩、記念日ということで少々飲み過ぎましたが

これからも健康に気を付けて

孫の人生を見守ってまいります。

4

2020/1/23

愛するこどもたちへ   葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

2005年 師に出会い こどもたちに何か残そうと

「愛するこどもたちへ」と題して始めたこのブログ

幼かったこどもたちとの多くの思い出が綴られている

眼光鋭く、前に居るだけで身震いするほど半端ないオーラを纏った師に

「孫ができるまでは「謙虚」に生きなさい」

と、言われたことが昨日のことのようになつかしく思い出される


小さかったこどもたちは知らない間に大人になった

上の娘は、昨秋、サラリーマン男性に嫁ぎ、今夏、出産予定

下の娘は、今春、大学を卒業予定。社会人となる

こどもたちを守るために!頑張って見守ってきた私だが

まったく必要とされていないのが現実…

親とはそんなものだろう…

と、ようやく現実を受け入れ

残された自分の人生を

自分のために 生きていこうと思っている


久世栄三郎氏を師事し15年の月日

「こどもたちの為に生きなさい」

と言われ頑張ってきた

後悔はない

あの時、こどもたちと離れていたら

きっと、後悔だらけの人生だった

師匠には、感謝しかない


奥様が体調を崩され入院されている

ご本人も杖を手に毎日欠かさず病院へ行かれている

手を合わせながら

お二人の健康を心から願っている


「愛するこどもたちへ」発信の節目として

満たされた人生を与えてくれた師匠に伝えたい


「師匠様 本当にありがとうございました。けいご」
6

2019/6/21

葬儀の仕事  葬儀司会

孤独な死を迎えたご老人がいました

届出人になってくれる方が見当たらず

火葬許可がおりません 

市の職員さんが血のつながりのある方を

懸命に探してくれました

遠く離れた場所に 血のつながりのある方が見つかりました

娘様が存在していたのです

空港までお迎えに行きました

車内でお話をしました

幼い頃に両親が離婚して 

父との思い出が何もないと言っていました

式場の安置室に案内しました

彼女は肩を震わせながら 棺へと歩いていきました

記憶のないお父さんの額に手をあてて

お父さん… お父さん…

と 泣いていました…

私も泣きました…
6

2019/3/31

久しぶりに  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

御師匠様 あの「あかり」が

2019 ベストオブ愛媛 グランプリになりましたので

報告です

あの「あかり」が…

昨夏 たみえ社長様の

会社に修行に行って以来

意識改革を行ったようで

師匠様とお会いしたころより

大人になりました

うれしかったので

アップいたします

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4

2017/12/24

師走を迎えて  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

先日、弊社主催のゲートボール大会がありました。

次女のあかりもお手伝いに来ました。もう二十歳です。

希望大学に進学することが出来ずにその大学にある二部に進学。

2年間の苦労を成就させ晴れて一部に昇格。

来年からは3回生として通学します。

彼女の苦悩と努力を知っているだけにこっそり涙しました。

来年1月に成人式を迎えますので記念にと高価な財布をプレゼントしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先日長女が「パパ〜、ご飯食べに行こうや〜。」と言うので

焼肉を食べに行ってきました。長女、今月28日で23歳になります。

店主は今年関東から帰ってきて9月に焼肉屋をオープンしました。

彼の苦労を知っているだけに真面目に働く

彼の姿を見ていると感慨深いものがあります。

みんな元気です。

一人ひとりの人生を悩みながら もがきながら必死で生きています。

一生懸命生きていればどうにかなる!

私の哲学です。子供たちにも先日伝えました。

健やかに生きていてくれるだけで良い。そう思います。



12月の頭に久世塾同期のゴンちゃんから電話。

誰だろう?と思いながら

「もしもし?」

「ゴンちゃんです!」

「ゴンちゃん…?」

「久世塾の!」

「あーーーっ!ゴンちゃん先輩!元気ですか?どうしたんですか?」

「ちょっとかわりますね!」

(たみちゃん、九州行ってるね!)

「もしもし!」

「はいはい!」

「わかる?」

(???たみちゃんじゃないぞ!)

「けいごくん!」

「えーーーっ、お姉さん!?!?」

「そうよ!」

「良かった!生きてた!良かった!本当に良かった!」

「師匠に電話した?」

「したよ!来春、みんなで久世様に会いに行こう。」

やけにハイなので

「飲まれてます?」

「うん。飲みようよ〜。」

私もちょっと酔ってたので、うっすらの記憶ですが…。


みんな、元気です。

久世塾終了してからみんないろんなことがあったけど

みんな、元気です。生きています。

それだけで幸せです。


生きて働いて自分の力で食べて健やかであればよい。

こどもたちに残しておきます。


二人はまだブログの存在を知りません…。


師匠様、みんな、元気です!
4

2017/7/16

こどもたちへ220  葬儀司会

今春から愛媛BMWに入社し社会人となった長女。

辛いこともあるようですが、どうにか頑張って働いております。

朝早くから電話。

「パパー」

「なあに」

「あのね…」

「うん。」

「明日、ひま?」

「うん。ひまよ!」

「仕事が終わってから、ニトリに連れてって。」

「なん買うん?」

「ベッド」

「こわれたん?」

「ちがうんよ。ギーギー言うんよ。」

「ほうなん。」

「小学校3年から使いよるやつやけん。」

「わかったよ。」

ということで夕方にお迎えに行きました。

「どんなの買うの?」

「2万円くらいのベッドよ。」

「そんな安いの?」

「うん。」

「人生の3分の1はベッドの上やけん、もっといいのにしたら?」

「3万円しかないもん!」

「…。」

で到着。

「これこれ。」

「ちゃちくない?」

「いいんよ。これで!」

「まあ、とりあえず他も見よう。」

「パパ、これ安いよ。」

フレームだけの値段と分かっていないようですが…。

真っ白のフレームに、クッションが効いてるごついマット。

まあ、これで良いでしょう。

「うん。じゃあ、これに決めよう。」

で、レジへ。

「○○○○円になります。」

長女固まり、私を見ます。

あらかじめ、お金を準備していたので私が払いました。

「パパ、悪い…。」

と、手に持った3万円を私に渡そうとするので

「入社祝いやけん、いいよ。」

と、返しました。

「ご飯、何食べる?」

「くるくる寿司!」

「寿司か…。」

「ラーメンでもいいよ。」

「じゃ、長浜ラーメン行く?」

「うん。いいよ。」

ベッド買ったので上機嫌です。

辛子高菜をいっぱい入れて汁が真っ赤になっている長女…。

「替え玉お願いします。」

「パパ、私もいる。」

「食べれる?」

「うん!めっちゃ、おいしいもん!」

「替え玉2つね。」

で、二人とも完食。

「パパ、ツタヤ行こうや。」

「いいけど、何買うん?」

「本買う。」

で、ツタヤへ。

本を2冊手に取り財布からお金を出そうとするので

「パパが買ってあげるよ。」

「パパ、ありがとう!」

「パパ、のどが渇いたけん、スタバ行こうや。」

「スタバ…。」

で、スタバドライブスルーへ。

ご機嫌でジュースを飲む長女に恐る恐る

「もう帰ったのでいいよね?」

「うん、いいよ。」

「はい、了解。」

「パパ、どっか行きたいん?」

「行きたくないよ。」

で、送って行きました。

幼いころから、ほとんど変わっていない長女。22歳です…。

結婚は、だいぶ先でしょう…。


で、翌日。

お姉ちゃんに聞きつけたのか次女が会社にやって来ました。

自分で焼いたお菓子を持って…。

「これ、パパの分ね。」

多分、おこづかいをもらいに来たのでしょう…。

「あかり、お金あるの?」

ちょっと間をおいて(ニヤリ)

「お金、全然ない!」

「じゃあ、3千円あげる。」

で、ちょっと不服そうな顔をするので大きいのをあげました。

「やったー。パパ、ありがとうね〜。」

と、手を振りながらバイクに乗って、大学へ去って行きました。

身体が大きくなっただけで

幼いころと何も変わらない二人を

ここに残しておきましょう…。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2017/5/28

こどもたちへ  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

長女が就職し働き

次女も昼間に働き

夜間大学に通いながら

日々を過ごしている

連絡もほとんどなくなり

お互いに

何を考え

何を思い生きているのか

理解し合える時間が少なくなってきた


当たり前のことであろうが

親としては切ない


私自身も

情熱をもって取り組むことが少なくなり

日々を当たり前に生きているだけのように思う


これでいいのか

今のままでいいのか

葛藤の毎日

45歳

現役として残りの20年をどう過ごしていくか

後悔のない人生を歩みたい

働く

それは

ご飯を食べるための

手段


で満足できない性格

もう一歩

もう一歩


そんな自分探し


こどもたちが誇れるパパである前に

自分らしい生き方をしたい


そんな風に考えるパパの本音を残しておきます
3

2017/5/14

おかあさん  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

今日は母の日

お花を贈りました

お友達の花屋さんにお願いしましたが

予算の倍以上のお花が届いてしまい

彼にメール

「ともくん、ちょっと豪華すぎじゃないかな?」

「いつもお買い上げありがとうございます。3万円です。」

「…。」

なにわともあれ

お母さんが喜んでくれたので

3000円彼に払いましょう

おかあさん、いつもありがとう。
3

2017/4/9

愛する あかり  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

あかり、20歳の誕生日です

「おめでとう」

早いものですね

今日の日も感慨深く

親として手を合わせます

こどもたちの

健康を願いながら
5

2017/3/31

愛するかほり  葬儀司会

長女「かほり」

明日、入社式です

知らない間に22歳です

親として感慨深く

ただただ、彼女の幸せを願います

こどもたちに何かを残すために始めたブログ

かほり10歳の時でした

あの幼い娘が

社会に出ます

いつまでも「健やか」で

幸せな人生を歩んでください

そう願います

師匠をはじめ 久世塾同期の皆さま

このブログに訪問いただいた皆さま

本当にありがとうございました

ご縁に心から感謝しています

次女あかりは4月で二十歳になります

親としての務めもあと3年…

健康に気をつけてがんばります

師匠様、本当にありがとうございました

師匠の健康を松山の地より願いながら

今日の日をのこします

けいご

クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ