2013/1/19

こどもたちへ187  葬儀司会

お父さん、ありがとう

生まれ変わってもまたお父さんの子供に生まれたい…

こどもたちからのメッセージ


3人の娘に別れも告げず旅立った父

そんなお葬式を担当させていただきました



子を思い人生のすべてを家族に捧げた父親

寝顔を見つめながら

奥様とお子様のそばで私は笑みを浮べ座っている

亡き人の思い出話を聞きながらうなずく

遺影写真をいっしょに選んだ

棺に入れるものをいっしょに考えた

いっしょに納棺した

いっしょうけんめい葬儀の司会をした

霊柩車の扉が閉まり

その尊いご生涯に幕がおりる

ご家族と共に火葬場に行き共に遺骨を拾いあげる

震える奥様の手を娘と孫が支え骨壷へ導く

骨壷の蓋を閉じて奥様に手渡す

涙を流している奥様に「しっかりと抱いてください」と言う

うんうんとうなずく

そしていっしょに火葬場を後にする


これが葬儀屋さんの仕事

パパのお仕事は「葬儀屋」さん

長女が幼い頃に何でパパは葬儀屋さんなの?と聞いてきた

答えることができなかった

41才になったパパの答え

パパは葬儀屋さんになるために生まれてきたから…

神様が決めたことだよ

クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ