2013/1/31

こどもたちへ188  葬儀司会

「パパ、今ね、インフルエンザの予防注射に来とんやけどね…。」

「うん、どうした?」

「終わったらね、会社行っていい?」

「うん。いいよ。」

「でね、携帯のカバーをネットで頼んでほしいんやけど…。」

「うん、いいよ。」

「でね、終わったら送ってくれん?」

「うん、いいよ。」

「大丈夫?」

「パパは今日は泊りじゃないから大丈夫よ。」

「わかった!」


昨日の長女との電話でのやりとり。

電話をきった瞬間、喪主様が一言。

「いはらさん、そんな表情もするんやね。」

「えっ、普通と違いますか?」

「うん。すごいやさしい顔になっとったよ。」

そう言われて、顔が真っ赤になっていくのが自分でもわかった。

普段ならお客様の家で電話に出ることはないが、ちょうど、こどもたちの話を喪主様としている途中で携帯がなり「長女からです。」と電話を見せると「出なさい。」と言っていただいたので、出た訳だが、何だか気恥ずかしい感じだった…。


会社に帰ると、私の机に座って、携帯カバーを検索している長女。

しいちゃん(社長妹・事務所責任者)といっしょに「あれが良い。これが良い。」と楽しそうに過ごす我が子を見ながら、ちょっと幸せ気分。

5時半になり、帰る!というので車で送った。帰りの道中、

「2月から教習所行くんやけど、免許取れたら、パパのこの車くれるんやろ?」

「ほしいなら、あげるよ。」

「でもね、本当はルパンとか、かわいいのがいいんよね。」

「それは、自分で働いてお金ためて買いなさい。車は自分で稼いで買う!」

「わかっとるよ。けど、パパの車がなくなることない?」

「パパは会社の軽四のワゴンに乗るから大丈夫よ。」

「えー、けど、なんか悪い…。」

「じゃあ、パパはお母さんの車に乗ろうか?」

「えっ、お母さんはどうするん?」

「お母さんは、最近、歩くのが趣味やけん、車に乗らんやろ。会社にいっつも車置いとるけん、パパが勝手に乗ってもばれん事ない?」

「…。」

「ばれるか。」

「まあ、そん時に考えたらいいやん。」

「そうやね。」

で、家に着いた。

「パパ、ありがとう。またね〜。」

大人になったのか、最近、会話をしてくれるおねえちゃん。

仕方ないので、パパのセルボ君を譲ってあげよう。と思ったのでした。



クリックすると元のサイズで表示します


追記 しいちゃんから指摘を受けました。

   「ルパン」ではなく「ラパン」だそうです。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ