2007/9/13

鈍感力  政治

 昨日、安倍総理が辞任表明。
 
 その理由が「小沢民主党代表に党首会談を断れたから」。

 一国の総理の辞任理由というより、小学生が学級委員長でもやめる理由みたいな幼稚な印象を受ける。結局、線が細い、繊細すぎたのかもしれない。

 渡辺淳一が書いていた「鈍感力」を思い出した。安倍首相にもその「鈍感力」があったならと思った。
 この春に、谷垣禎一が、麻生太郎から密談で「次はオレに首相をさせろ、その次はお前にするから」と言っていたと漏らした。そのことを麻生太郎は「密談を人前で漏らすのは男らしくない」とか言って怒っていた。内容も国民不在のひどい内容ながら、そのことを否定せずに(ということは本当の話だった)、漏らしたことを怒っている麻生太郎の「鈍感力」に驚いた。

 政治家をやるにはこのくらいの厚かましさ、「鈍感力」が必要なのだろう。

 安倍晋三の政治理念・考え方には共感する部分も多く、この一年の成果も、私は評価している。いままでの政治家にありがちな権力に固執することもなく、あくまでも自身の政治理念の実現ということのみで首相になった人物として、今までにない政治家だと思っていた(小泉さんもそうだったが)。
 
 戦略家として理想を追求する姿勢は強くても、いわゆる権力の中枢で権謀術数を駆使するタイプではなかったことが、結局は墓穴を掘ったのかもしれない。

 結局、政治「戦術」に長けている小沢一郎に負けてしまった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ