2008/5/29

やじきた道中 てれすこ  映画

 「しゃべれどもしゃべれども」の監督・平山秀幸・作品です。この監督はお気に入りの監督なので、この新作が気になっていました。なぜかと言えば、今までの平山監督ものとは違って、コテコテの役者ばかりで、どうなるのかと思いました。私はコテコテの芝居が見たいわけではなく、「映画」を見たいほうですから。

 それで主演は、コテコテの中村勘三郎、もう一人は柄本明。見る前から「コテコテ」やな〜と思っていました(「テレスコ」でなくコテコテ‥)。

 見たら、しっかり映画の雰囲気。さっきの二人はコテコテでしたが、ほかの役者もコテコテ。みんな臭いくらい上手い。皆演技の見せ合い。そのなかで勘三郎の姉さんの波乃久里子が女郎宿の女将役をサラッとやっていてよかった。もっと映画やドラマに出たらいいのにと思います。
 映画は、臭い連中を上手く束ねて、そつなくバランス良くできています。

 が、そのなかで一番光っていたのは「キョンキョン」(小泉今日子)でした。なんと自然、なんと艶っぽい。その上堂々としてる。
 この映画は彼女が核ですね。結局キョンキョンのおかげで、この映画の芝居臭さが、中和されて、相方のコンビの「やじきた」の中村勘三郎、柄本明が光った。

 男二人に女一人の組み合わせの映画は、「冒険者たち」「明日に向かって撃て」と名作があって、私は好きなパターン。この映画もそんな良さが出いています。
 ラストの川原での掛け合いが、よかったです。なんか映画っぽい。
 (「このボケナス野郎」と言うキョンキョンがいいですヨ。見ていない人に分かりずらい話ですみません)。
 ☆☆☆☆。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ