2008/9/26

第14回「人と酒が出会う会」  お酒

  クリックすると元のサイズで表示します

 昨日は、第14回「人と酒が出会う会」でした。今回は、最近取引が始まりました長谷川酒造さんのお酒を皆さんに試飲していただきました。

 この秋に発売した純米の「ひやおろし」をかわきりに、吟醸「初聲」、普通酒「初日正宗」、「うすにごり」を飲んでいただきました。

 「ひやおろし」は、純米らしい、酸の強いしっかりした味わいでした。まず冷やで飲みました。そのときは酸の強いゴツイイメージでしたが、常温にすると甘さがでてきて、口当たりが柔らかなお酒でした。味がしっかりしていますので、料理を選ばす飲めるタイプのお酒でした。

 吟醸「初聲」は、常温で、最初飲んでいただきました。口当たりの柔らかさは絶品です。皆さん口当たりの柔らかさを感じておられました。その後、冷やを飲んでいただきました。冷すと味がしまる感じで、私は、常温がお勧めと思いました。吟醸香も、大変穏やかで、飲みやすい吟醸酒でした。

 普通酒の「初日正宗」は、お燗にして出しました。ほのかな甘みを感じさせる、淡麗辛口で、まさに飲み飽きしない定番酒といったところです。

 「うすにごり」は、すこし酸の強いお酒で、冷して飲むとフルーティな味わいでした。味がしっかりしているので、冷しても味わいがあります。それでいて辛口です。酸が強いからでしょう。

 今回は、11名の方が集まり試飲をしました。いつものように最初はいろいろ薀蓄もでるのですが、段々酔いが回ってくると、来た方々同士で楽しそうに談笑されていました。これがお酒の効用ですね。
 今回も楽しいお酒になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ