2008/10/21

100円商店街サミットに行ってきました!  商店街

  クリックすると元のサイズで表示します
    商店街関係者(私は一番左)

 商店街の仕事で、17日〜19日と山形県新庄市に行ってまいりました。新庄市で初めて開かれた「100円商店街サミット」に参加するためです。

 「100円商店街」の手法は、新庄市で初めて行なわれて、商店街街活性化の有効な手法として脚光をあびました。その後、各地で、新庄市を真似て行なうようになったのです。私達の三条中央商店街も18年11月に第1回を開催しました。その100円商店街を行なっている地域が一同に会して「サミット」を開いたのです。南は鹿児島から、北は秋田まで10地域が集まりました。

 各地の開催されている方々との交流は、それぞれの特色や我々との違い、また、同じ悩みを持たれていることなどを聞くことができ、とても有意義なサミットでした。

  クリックすると元のサイズで表示します

 基調講演では、三条市でも講演されたことのある日本政策投資銀行の藻谷浩介氏の講演がありました。現在の不況を、サムプライム問題や株価問題とマスコミは書いているが、間違いだと言っていました。この不況は日本独自のものであると。それは、購買層人口の減少による不況であると。なるほどと思いました。トヨタは昨年販売台数世界一を数千台(台数失念しました)で逃したそうです。それは米国の不況によるものではなく(米国での売上台数は前年比よりアップしている)、日本の販売台数の減少によるものだそうです。なぜか。それは人口統計を見ると分かるそうです。要は、車を買う購買人口が減っているのです。日本の不況は、購買人口の減少によるものなのです。車を購入する20代から50代の給料を取っている層が年々減っているのです。その上、年金生活者が年々増えていくのです。これは、かつて世界のどこも経験したことのない長寿世界一の国ならではの経済状況です。

 100円商店街は、そのような長寿社会にあって、有効な手法であると論じていました(ちょっと中略しました)。100円商店街の方向性は、藻谷先生の講演からも、間違いないと確信できました。

  クリックすると元のサイズで表示します
   新庄の商店街にたなびく我ら中央商店街「ほっとかーど」ののぼり

 18日は、新庄市で「100円商店街」が開催していました。そこで、当商店街メンバーで、新潟県の名産の「こしひかり」「笹だんご」、三条の名水「千年悠水」、当商店街のかねまつ本店謹製「豚肉の味噌漬」を販売しました。
 やはり本場。かなりの人数が集まりました。おかげで、我々の販売ブースは11時には完売でした。

   クリックすると元のサイズで表示します

 わざわざ店を休んで(お客様にご迷惑をかけ)、久々の2泊3日の旅でしたが、大変有意義な3日間でした。今度は、三条で「100円商店街サミット」を、と一緒に行ったメンバーと話しております。まあ、いつになるか分かりませんが、実現できたらと思っています。

 その前に、今年、第4回中央商店街「100円商店街」を11月1日(土)に行います。お近くの方は、是非お越しください。きっと限定品が多数ですので、売り切れ御免!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ